集中力」タグアーカイブ

骨格筋評論家:岡田隆によると

●勝負事の前に豚肉は食べない方が良い

 

食事内容(摂取する脂)の違いで精神への影響を調べる研究

 

肉類(飽和脂肪酸)を食べたグループと

魚・植物(不飽和脂肪酸)を食べ他グループに分けて、試験したところ

肉類(飽和脂肪酸)を食べたグループは、集中力や注意力が11%低下

 

たった1食で結果が出てしまった

 

肉類(飽和脂肪酸)を朝に食べるのは、ネガティブに運ぶ可能性がある

勝負事の朝は魚・植物(不飽和脂肪酸)を食べた方が良い

(73)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

子供のころからスポーツをしている人は、

負けず嫌いで集中力が持続するメンタリティーになることが分かっている

●小2までに夢中になってスポーツをした人は、集中力が高い

 

絶対に解けない知恵の輪をさせる実験では

幼少期からスポーツをしてきた子は、20歳の時点でも解けないのに延々解こうとする

スポーツをしていな子は、諦める

幼少期から脳と体と策略と目標設定を鍛錬することで集中力が養われている

 

疲労評論家:梶本修身によると

●10代からトレーニングしてきた人は、認知症になりにくい

15~25歳に運動量が多かった人は、

60歳になっても情報処理能力が高く認知症になりにくいことが分かっている

(77)

疲労評論家:梶本修身によると

瞑想できる人は集中力が高い

役者や起業家に向いている

アップルの創業者 スティーブ・ジョブズが毎朝瞑想していたことは知られている

集中するのは良いことだが、

集中しすぎると飽き性になってしまう

●集中力が高い人ほど、飽きやすい

子供に新しいおもちゃを与えると最初は集中して遊ぶが飽きてしまう

人は集中していると脳の一部が疲れる

他を使わせようとわざと飽きるという感情を持たせる

脳の疲労の最初のアラートが、飽きる

飽きた時は、休んだ方がいい、もしくは違うことをすればよい

 

飽きやすいためサラリーマンには向いていない

(387)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●男性の40代は、一気に幸福度が落ちる

その原因は、2つ

1、職場で必要とされていないと感じる

2、家庭で必要とされていないと感じる

 

疲労評論家:梶本修身によると

40代と20代を比べると圧倒的に20代の方が認知度が高いが、

●集中力と他人の感情を見抜く力は、20代よりも40代の方が優れている

ハーバード大学が、1万430人を対象に集中力の持続テストを行った

すると短時間の集中は若い人の方が得意だったが、

数十分以上の集中力は、43歳がピークだった

目元のみの写真で感情を見抜く別の実験では、

48歳の人が高成績だった

(75)

心理評論家:植木理恵によると

集中力の実験をすると自分が集中しているのか分かっていない人がほとんど

集中力が切れていることを自覚できる人は少なく、自己モニタリングが明確

●長時間、読書に集中できる人の特徴は、いちいち突っ込みながら読んでいる

話を他人事と思うと集中力は切れやすい

 

印象評論家:重太みゆきによると

●眼輪筋を使うと集中力が持続しやすくなる

目を閉じたまま寄り目にすると眼輪筋を刺激し、集中力がアップする

(113)

スポンサード リンク