風邪」タグアーカイブ

疲労評論家:梶本修身によると

●鼻の中を温めると風邪をひきにくくなる

冬に風邪をひくやすくなる原因は、乾燥、密閉空間などと考えられてきた

実は、寒さそのものが風邪をひきやすくさせていることが分かった

 

アメリカのエール大学のマウス実験

ライノウイルスをマウスに入れて、37度から33度に下げるだ

けでウイルスの増殖が急激に上昇することが分かった

体温は37度なので問題はないが、鼻腔内の一般的な温度は、約33度

鼻腔内はウイルスが増殖しやすい環境だった

マスク装着や暖房で鼻を温めることで風邪予防に効果的

 

生物学評論家:池田清彦によると

風邪の予防には、40~60%の湿度が良い

加えて窓を少し開けて換気するとよい

(35)

スポンサード リンク

環境評論家:武田邦彦によると

玄関に靴を置きっぱなし、廊下に段ボールがあるなど

●片付けられていない家は、風邪をひきやすい

玄関に靴が散乱していると、通るたびに昼間の嫌なことを思い出す

そのストレスにより、免疫力が衰える

段ボールを見るたびに片付けなくてはいけないと考える

そのストレスにより、免疫力が衰える

 

●寝室の天井が斜めの家は、がんになりやすい

寝ているときは、完全に無防備

天井の尖り、斜めは、恐怖心やストレスになり、不眠症や免疫力低下につながる

 

●弱っている観葉植物がある家は、住人の元気もなくなる

観葉植物は、よく手入れして、元気を保つことが大事

(37)

●イケメンは免疫力が高く風邪をひきにくい

男性のルックスの良さと免疫力の高さには関係があることが分かった

 

●ルックスが良い男性ほど抗体をたくさん持っている

 

●人とは女性の顔の美しさで生殖能力を見分けている

理想的なフェイスラインを持つ美女は、

そうでない女性と比べて、生殖応力が高い

 

●人は生殖能力の高い女性が、美しくなるようにできている

女性ホルモン エストロゲンの分泌量が高いほど、

くびれができて安産体型になる

(646)

疲労評論家:梶本修身によると

日本の医療は、技術も研究開発も世界最先端

しかし、

●日本の風邪治療は、40年間 何一つ変わっていない

中国人が風邪で診察に来たので良かれと思い、

葛根湯を勧めたら、怒り出し「アスピリンをくれ!」と言い出した

 

世界の漢方薬の消費割合は、日本:約90%、中国:約2%

漢方薬は、ほとんど中国で使われていない

医師が風邪の治療に葛根湯を出すのは、日本くらい

 

欧米人の風邪治療に抗生物質を出すとヤブ医者だと思われる

抗生物質が風邪のウイルスに効かないことは海外では常識

 

日本の制度で風邪の治療法は、抗生物質を出すか?

葛根湯を出すか?一律的に限られてしまっている

 

日本では革新的な医療技術が開発されているのに

臨床現場では活かされていないのが現状

(201)

分子技術評論家:山本尚によると

●風邪をひきたくなければ 水分を頻繁に飲んだ方が良い

 

小児科の医師は、お茶を飲んでいるのであまり風邪をひかない

 

頻繁に水分を摂ることで喉を洗い、風邪の予防になる

 

ウイルスを胃に落とすことで、胃酸がウイルスを殺してくれる

 

うがいするよりも水分を飲んだ方が良い

(169)

スポンサード リンク