Tag Archives: 食事

心理評論家:植木理恵によると

食卓では栄養素を摂ることも大事だが、リラックスすることが大事

●親子で黙って食事をするとリラックスしてポジティブなことを容易に思い出せる

食事をする際にたくさんコミュニケーションをとる親子と黙って食べる親子で比較

その後、ポジティブなことを書いてもらった

多く書けるほど心理学ではリラックスしていると考えられている

たくさんコミュニケーションをとる親子は、3~4個

会話をしない親子は、平均17個も書けた

食事中の無理な会話が、いかに休息になっていないかが分かった

 

食事中は無理に会話しない方がリラックスを得られる

 

1人で食べたときは、平均23個もポジティブなことを思い出させた

1人で食べるのもリラックスを得るには良い (89)

スポンサード リンク

生物学評論家:池田清彦によると

 

アメリカの2万人弱のデータを

そのデータを基に日本とイギリスのチームが解析

 

すると、1日5回以上食べる人は、1日2回以下の人に比べて、

かなり太っているということが分かった

 

●同じカロリーでも食事回数が多いと太りやすい

 

小分けに食べるので、そのすべてを吸収してしまうため

 

1度にたくさん食べると

消化吸収しにくく、そのまま便として出る (214)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

心理評論家:植木理恵によると

●最初に美味しいものを食べると

食事全体として美味しい食事だったという印象になる

人は最初に食べた印象に引きずられ、最初の印象が変わらない

好きなものを食べる報酬後と報酬前では、

嫌いなものを食べる味覚が違う

 

経済評論家:門倉貴史によると

●好きなおかずを最初に食べる人は、

ギャンブルにハマりやすく借金を背負う確率が高い

最初に好きなものを食べる人は、目先の誘惑に勝てない (206)

ホンマでっか!?TVで紹介

人生を左右する睡眠のヒミツ

 

布団評論家:楠幹江によると

睡眠時間と食事の関係を調査

 

5時間しか眠れない群と7~8時間眠る群の食事を比べたところ

 

5時間しか眠れない群は、

リコピンが不足していたことが分かった

 

●5時間も眠れない人は、リコピン、水分、総炭水化物の量が不足している

 

リコピン、水分、総炭水化物の食事改善で

睡眠時間が長くなる可能性がある (488)

ホンマでっか!?TVで紹介

幸せになる家 不幸になる家

 

統合医療評論家:亀井眞樹によると

●家族で食事をする機会が多いほど子供の社会性、積極性、集中力、学業成績が上がる

 

2007年、アメリカでの子供の健康に関する調査

 

家族で食事する頻度が高い子供ほど、

学校での集中力が非常に目立つ

積極性が高く、みんなど友達になろうとする社会性が身につく確率が高い

さらに学業成績も高かった

 

その後も追跡調査をすると、10代での非行が少なかったという

 

研究者によると、食事をする頻度の数は、週4回以上

 

週4回以上の家族との食事が、家族の秩序を教える

 

(今日はみんなで食事をするのかな?)という

予見性が子供の心を安定させる (631)

スポンサード リンク