DV」タグアーカイブ

法律評論家:堀井亜生によると

●メールより電話を重視する人は、DV、モラハラタイプの可能性がある

このタイプは、自分がどう思っているかよりも

相手がどう思っているかを気にしている

 

相手の顔を見たい、温度、テンションを知りたい、

相手の様子を確認したいは、

すなわち相手の感情を支配したい

 

自分に自信がなく不安な人は、相手の気持ちがすごく気になりやすい

言葉の背後を探ろうとせず、一旦 素直に受け止たほうが楽になる

(130)

スポンサード リンク

法律評論家:堀井亜生によると

●診察室に一緒に入る夫は、DVの可能性が

まず自分が怪我をさせている場合は、

医師に告げ口しないか見張るため診察室に同行する

医師の申告でDVが発覚することが多い

夫が同行するケースが多く、夫から退避させて警察に電話する

 

男女関係評論家:池内ひろ美によると

●DVする人の周りにはDVをする人が集まりやすい

DVは、親からの遺伝は10%にも満たない

それよりもどういった環境で育つかが重要

DV関係の両親の仲が良いと、子供は成功体験として認識する

子供が女子の場合、男性の暴力を容認する女性になる

 

心理評論家:植木理恵によると

●男性の浮気を助長する女性の行動がある

「ちゃんと口に出して謝っていないじゃない!!」

「ごちそうさまは!!」など

女性が形式的なことにこだわると

男性は外に愛情を探したくなる傾向がある

女性が男性に反省を求めすぎると浮気を助長させる可能性がある

(192)

最高で52発殴られたDV夫評論家:田邊ゆかりによると

●エリートこそDV夫になりやすい

 

DN夫になる前は、バリバリ働くエリート的存在だった

ちょっとした挫折をきっかけに

人が変わったかのようにズルズルと落ちていった

エリートこそ心が挫折しやすい

順風満帆なエリートは、失敗しないと思い込んでいる

結婚する前は、優しく、しっかり働いている人だった

(142)

●アメリカでは、夫婦喧嘩でも相手を叩いたら日本人でも逮捕される州がある

 

カルフォルニア州は、特にDVに厳しい

 

例えば、実際に日本人女性とアメリカ人男性のカップルが喧嘩

日本人女性がアメリカ人男性の腕を掴んだところ、

男性が警察を呼び、女性が逮捕されたことがあった

 

他にも日本人家族の夫婦がカルフォルニアの旅行中に喧嘩

夫が妻を叩いたのを目撃者が通報し、夫は逮捕された

DVで逮捕されても帰国できるのは、裁判終了後

終了するまで数週間から約1年に及ぶこともあるという

(81)

ダメ男を引き寄せてしまう女性

法律評論家:堀井亜生によると

人が素敵な人であるか?どうかはギャップで判断することが多い

裏表がない人、見た目も収入も性格も

そこそこな標準な男はモテない

本当はそんな男性が結婚相手にはピッタリ

女性にダメ男と標準な男を突きつけると

絶対にダメ男に行ってしまうもの

 

メールで分かるダメ男の特徴

●日常的にメールが長文な男性は、モラハラ傾向

相手への依存心が強いので

自分の気持ちを分かってほしいという

気持ちが強すぎてメールが長文になってしまう

こんな男性は、自分の価値観を押し付けたがる

 

●返信が早い・絵文字が多い男性は、浮気性

浮気性な男性の多くは、カッコいい人ではなく

コミュニケーション能力が高い傾向

それは他人とすぐ仲良くなれる人

 

●既読スルーや未返信に怒る男性は、DV気質

既読されているのに返信しないと怒って電話かけてきたり、

いつ返事するんだと催促してくる

プライドが高く神経質な男性は、自分もしっかりしているので

他人のダメな部分が許せず、暴力に発展しやすい

メールが来たら返さねばならないという

倫理観があるので返事がないのは失礼だと言う

DVをする男性は、その理由として妻を教育していると証言する人が多い

(463)

スポンサード リンク