Category Archives: ●印象評論家:重太みゆき(重田みゆき)

印象評論家:重多みゆきによると

女性と男性の服の素材は違うことが多い

男性の服の素材は、硬くてゴワゴワした素材が多い

女性の服の素材は、レースや滑らかな素材が多い

 

●男性は女性の洋服に触れると好きになる

 

女性の髪の毛や洋服に触れると、触れた分、好きになる傾向にある

日頃から夫に触らせてあげないと外で女性に触れ、浮気に走る危険が

 

触感は印象的に忘れにくい (139)

スポンサード リンク

法律評論家:堀井亜生によると

●エリートの女性がキレやすいワケ

キレるにも色々あるが、このタイプは、キャパに余裕がない

エリートの人は、いい学校に入って、狭い世界で生きてきている

そんな女性が社会に出て、初めてできない人に出会う

できない人を見て、嫌がらせで、わざとやっていると思いやすい

このタイプは、キレ方も分からないので常軌を逸したキレ方をする

 

印象評論家:重太みゆきによると

●キレる女性は、キレモードの声を別に持っている

男性はキレても声を荒げるだけだが、

女性は声が高くなったり、低くなったり変化が生じる

●2種類の声を使い分ける女性は、キレやすい (446)

印象評論家:重太みゆきによると

●不倫する女性は、二面性を持っている人が多い

会社ではすごく真面目なOLなのに2人になるとセクシーに豹変したり、

日頃、ひとりじゃ生きていけない感じの弱々しいタイプの女性が、

突然相手の過程をボロボロにしてでも手に入れたいと思う強い女になったり、

二面性のある女性が、不倫をする人に多い

 

●女性は、男性の不倫モードにさせるスイッチを持っている

そのスイッチとは、ボーっとしている目

 

●男性が不倫モードになるボーっとした目の作り方

1、まぶたを上下に開く

2、開いた状態で目を閉じて、寄り目にする

3、10秒後、手を離して開けると不倫モードにさせる目になる

オキシトシンが高いために起きる現象

 

心理評論家:植木理恵によると

二面性がある人は、ストレスを溜めていたり、精神疾患を持っていて、

カウンセリングを受けに来る女性は、

いつも違う男性と一緒に連れ立って来る

●心が弱っている女性を男性は放っておけない (386)

印象評論家:重太みゆきによると

●東京の人は緊張に弱いが、大阪の人は緊張をごまかすプロ

 

大阪と東京で全く同じ研修

目の前にいる人を「この人はすごい偉い人です」と紹介し、

「ではあなたが対応してください」と指示すると

 

東京の人は緊張し、固まったり、

顔が強張ったり、二重敬語になったりガチガチに

 

しかし大阪の人は、偉い人だと分かった瞬間に

腰が低くなり、笑顔になった (42)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●プロフィール写真は、自分で選ばないほうが良い

オーストラリアのニューサウスウェールズ大学の調査

102名の学生に自分の写真を何枚か持ってきてもらい、

その中から特にお気に入りの写真を選択してもらった

さらにほかの学生の写真から好きな物を選択

まったく別の他人に好きな写真を選択してもらった

 

他人が選んだ写真は評価が高いが、自分で選んだ写真は全く評価されなかった

 

自分で選ぶと撮った時の状況など思い込みが入り、

客観性が無くなってしまうからでは、と考えられている

 

印象評論家:重太みゆきによると

自分で選んだ写真は、自分のコンプレックスが隠れているかが重視されている

別の人が選ぶ写真は、親しみを感じるかで選んでいる

 

心理評論家:植木理恵によると

●写真を見せて優しい人かどうかを一番分かるのは、3~4歳児

3~4歳児は恐怖から逃れたい時期で、顔で優しそうな人を判別する

●心の中で嫌なことばかり考えると鏡効果で そういう顔になる

逆に優しい心を持てば、自然と優しい顔に変化していく (78)

スポンサード リンク