Category Archives: ●印象評論家:重太みゆき(重田みゆき)

経済評論家:門倉貴史によると

●何かを掴むだけで緊張がほぐれる

人は心が不安定になると何かを掴みたくなる

ブリティッシュコロンビア大学の調査によると

ホラー映画を観ている人は、何かを持つと安心し、

持っていたモノに愛着信すら覚えたという

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●失神しそうなときは、指を合わせて組み、引っ張ると効果的

失神しそうなときは、脳の活動レベルが急激に下がっているとき

このポーズで脳の活動レベルが上昇し、失神防止になる

 

印象評論家:重太みゆきによると

●自分より緊張している人を見ると緊張が収まる

就活などの面接時、他人が有能に見えたり、

緊張していないと思うと さらに緊張が高まる

しかし他人の方が緊張していると自分の緊張は収まるもの (83)

スポンサード リンク

印象評論家:重太みゆきによると

●人前で話す時に自分の味方を見つけると緊張が収まる

 

人前で話す時、聞いている人たちは、

大体 肯定3割、否定3割、どっちつかず3割といったところ

 

●人前で話す時、最初に敵を見つける人は、テンパりやすい

敵意のある人しか目に入らないとテンパる

 

テンパらない人は、3割の見方を探すのが上手 (81)

印象評論家:重太みゆきによると

テンパる人は、自分のコントロールができない

テンパらない人は、自分のコントロールを常に落ち着いてできる

●5本の指先を合わせて脈を測ると自分の落ち着き度が分かる

テンパらない人は、このポーズでも脈が測れるが、

テンパる人は、脈が測れない

 

●指先で脈を感じる人は、すぐに集中できる人

すぐに集中できる人は、テンパりにくい

すぐに集中し落ち着けるように日頃から訓練するとよい

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

この方法は、指先を意識して副交感神経が働くようにコントロールするのでとても良い (1506)

骨格筋評論家:岡田隆によると

老けにより顔全体が垂れるのは、

首についている広頸筋に引っ張られているから

首の皮膚についている広頸筋を

伸ばさないと重力に勝てない顔になる

●首の筋肉を鍛えて顔のシワやたるみをとる方法

あごの下を押さえ、顔を上に突き上げる

皮が引っ張られているような伸び感を感じるのが大事

しゃくれさせて伸ばしても効果的

 

印象評論家:重太みゆきによると

●えび反りをしてから寝ると若く見られる

えび反りをすると、まぶたの上の筋肉が持ち上がり、

繰り返し鍛えると、生き生きとした目に

寝る前に背中にクッションを敷き、

仰向けのまま背中を反らせて後方を見るように意識して5秒

寝る前に10分~15分行うだけで目が明くようになる (206)

印象評論家:重太みゆきによると

●最期まで愛される人は顔癖が良い

 

年をとると その経験が顔に出るものだが、それは口癖から

 

高齢者の顔から その人の口癖を調査

口癖が顔癖に表れていることが分かった

顔癖が素敵な人は、最期まで愛される

 

「いいね」など良い言葉を普段から言う人は、幸福感がある顔癖になる

「アカン」など否定的な言葉を普段からいう人は、悲壮感が顔に出てくる (362)

スポンサード リンク