Category Archives: 美容・ダイエットについて

肥満治療評論家:工藤孝文によると

●肘を温めて深呼吸すると痩せて若く見られる

例えば、咳が止まらないとき、肘を温めて寝ると咳が止まる

肘周りに尺沢と孔最というツボがあり、ぜんそくに効く

 

工藤の患者に肘を温めて深呼吸させると

食欲が収まった人が結構いるという

 

ストレスで食べ過ぎてしまう人は多い

ストレスがあると交感神経が活発になり、

緊張により呼吸が浅くなっている

浅くなっている呼吸を深くすることで副交感神経が活発になり、

結果的にリラックスできて食欲も抑えられる (232)

スポンサード リンク

●甘い物ばかり食べている人は、老けて見える

糖尿病患者が老けて見えることから研究が始まった

血糖値が高い人は、約4歳 老けて見える

 

血糖値が高いと糖がタンパク質と結びつき、

AGE(終末糖化産物)を作り出す

AGEは、動脈硬化を引き起こす

糖分は、強い皮膚細胞を作ろうとする働きを妨害する

 

美肌評論家:森智恵子によると

●食前にギムネマを飲むと血糖値が上がりにくい

飲むと血糖値が急激に上がらず、老化防止に効果がある

 

肥満治療評論家:工藤孝文によると

食後に血糖値が急激に上昇すると、すい臓に負担がかかる

それを続けると、すい臓のインスリン分泌が低下する

将来的にはインスリン治療が必要となる (178)

認知科学評論家:中野信子によると

●脂肪が女性ホルモンを出す

過度なダイエットをすると女性ホルモンが減少する

 

少し太った方が、肌が若々しくなる

女性ホルモンが増えると髪の量も増える

 

●ストレスが少ない人ほど肌がきれい

肌は露出した脳、と表現する人もいる

受精卵からの発達を見ると

神経と皮膚は同じ部分から形成される (277)

認知科学評論家:中野信子によると

●社会的地位が下がるとストレスで疾患になる割合が高くなる

 

人の体には、がん細胞などを殺すNK細胞が存在する

●社会的地位が高い人ほど、NK細胞が活性化している

 

認知科学評論家:杉浦義典によると

●9歳でデブと言われた女子は、19歳でも太っている率が高い

幼少期に罵倒されたことが

ストレスのもとになり肥満につながると考えられている (87)

骨格筋評論家:岡田隆によると

●痩せたければ運動は朝がベスト

運動すると代謝が高まり、1日代謝が高い状態で過ごせる

ウォーキングよりも筋トレの方が代謝を上げやすい

痩せたければ筋トレがオススメ

 

時間医学評論家:石黒源之によると

朝はアドレナリン分泌が高く、

血圧が高いため心筋梗塞や脳梗塞が多い時間帯

●肥満の人は、朝から運動すると危険なことも

肥満の人は、冠動脈に障害があると突然死のリスクが高い (104)

スポンサード リンク