Tag Archives: 緊張

疲労評論家:梶本修身によると

●乾燥肌の人は、光り物の寿司を食べたほうが良い

イワシ、サンマ、サバなどを食べたほうが良い

表皮の中にある細胞管脂質で一番重要な役割を持つのがセラミド

セラミドは肌の水分を保つだけでなく

肌の代謝にも役割を持っていることが分かった

セラミドを作るのに、不飽和脂肪酸が重要な役割を果たしている

不飽和脂肪酸は、体の中で生成できないので

食べ物から摂取する必要がある

EPAやDHAを含むオメガ3脂肪酸を摂ると

セラミドを生成し、抗炎症効果が期待できる

 

オメガ3脂肪酸が多く含まれているのが、イワシ、サンマ、サバ

米にもセラミドが含まれているので、光り物の寿司は乾燥肌に効果的

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●光り物の魚を食べると緊張を抑える効果がある (112)

スポンサード リンク

経済評論家:門倉貴史によると

●何かを掴むだけで緊張がほぐれる

人は心が不安定になると何かを掴みたくなる

ブリティッシュコロンビア大学の調査によると

ホラー映画を観ている人は、何かを持つと安心し、

持っていたモノに愛着信すら覚えたという

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●失神しそうなときは、指を合わせて組み、引っ張ると効果的

失神しそうなときは、脳の活動レベルが急激に下がっているとき

このポーズで脳の活動レベルが上昇し、失神防止になる

 

印象評論家:重太みゆきによると

●自分より緊張している人を見ると緊張が収まる

就活などの面接時、他人が有能に見えたり、

緊張していないと思うと さらに緊張が高まる

しかし他人の方が緊張していると自分の緊張は収まるもの (154)

心理評論家:植木理恵によると

緊張している人を励ます時にかける言葉

「落ち着いて」「気合入れろ」

「諦めるな」など見えない魂のことを言うのは日本人

●日本人は緊張してる人に精神的なアドバイスをしがち

 

英語の励まし方は「アゴを上げろ」「背中を伸ばせ」

「そこに掴まれ」「声を上げろ」など身体性をイメージさせる

 

●日本人のあがり症の人に精神性の言葉を言っても緊張は解けない

身体的な励まし方で、あがり症の40%が改善する

 

印象評論家:重太みゆきによると

相手ができていない部分を指摘すると、できた瞬間にスイッチが入る

「胸の高さを2㎝上げて」と言うと勇気が出て前向きになる (314)

統合医療評論家:亀井眞樹によると

緊張のあまり吐き気をもよおすのは、

緊張のストレスが嘔吐中枢を刺激するから

 

さらに緊張でノルアドレナリンが大量に分泌されるので

体温、血圧上昇、動悸、震えなどの症状が起こる

 

最近 分かってきたのが、

●極度の緊張下に置かれると肌のバリア機能が低下し、シミやシワなど老化の原因になる

 

精神医学評論家:岡田尊司によると

完璧主義や体裁を気にする人は、あがり症になりやすい (131)

ホンマでっか!?TVで紹介

人生を左右する睡眠のヒミツ

 

異常心理評論家:杉浦義典によると

●自分の手の平を使った安眠法

 

緊張すると肩に力が入るもの

 

他人にやってもらうのが一番だが、自分でやるには

手の平を肩に当てて温かさを感じて

ギューッと押し込み、ピターと声を出し、フワッと離す

 

これにより肩の緊張感がとれリラックスする

 

睡眠とは、自己コントロールを委ねること

 

緊張しがちな人は委ねるのが苦手 (557)

スポンサード リンク