力こぶを押した時の痛みが無いとストレスの影響が少ない

ホンマでっか!?TVで紹介

病気になりにくい人診断

Q:力こぶの部分を触診し病気のなりにくさを調べる

1、力を抜いてリラックスして座る

2、肩と肘の真ん中くらいを押していく

統合医療評論家:亀井眞樹によると

●力こぶを押した時の痛みが無いとストレスの影響が少ない

これはYNSAという日本で始まった鍼療法

治療効果が高いため、世界各国に広がりつつある

自分でストレスの影響の大きさが分かる

右腕か左腕かは意味がなく、その時その時で変わる事もある

ストレスの影響が及んでいると、痛くなる

離してもジーンと痛みが残っている場合、その影響が大きい

ストレスの影響が少なくなると痛みも小さくなる

亀井氏の臨床でも、この部分を押して痛い人に、

「何か趣味か何かありますか?」と聞き、

例えば「アクション映画が好きです」と答えると、

「じゃ、しばらくアクション映画を毎日見倒してください」とお願いする

次回、外来で来た際は、同じ部分を押しても痛くなくなっていたという

(918)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク