家族で食事をする機会が多いほど子供の社会性、積極性、集中力、学業成績が上がる

ホンマでっか!?TVで紹介

幸せになる家 不幸になる家

 

統合医療評論家:亀井眞樹によると

●家族で食事をする機会が多いほど子供の社会性、積極性、集中力、学業成績が上がる

 

2007年、アメリカでの子供の健康に関する調査

 

家族で食事する頻度が高い子供ほど、

学校での集中力が非常に目立つ

積極性が高く、みんなど友達になろうとする社会性が身につく確率が高い

さらに学業成績も高かった

 

その後も追跡調査をすると、10代での非行が少なかったという

 

研究者によると、食事をする頻度の数は、週4回以上

 

週4回以上の家族との食事が、家族の秩序を教える

 

(今日はみんなで食事をするのかな?)という

予見性が子供の心を安定させる

(640)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク