小学生の睡眠時間が30分増えるだけで中学生時の不登校が減る

ホンマでっか!?TVで紹介

人生を左右する睡眠のヒミツ

疲労科学評論家:田島世貴によると

●小学生の睡眠時間が30分増えるだけで中学生時の不登校が減る

平均8時間 睡眠をとっていた小学高学年の睡眠を30分増やしただけで

中学生になった時に不登校になる子が減ったという

3日間 40分の睡眠時間が減るだけで

記憶力低下、集中力低下、反射神経低下する

 

予防医療評論家:倉知美幸によると

●子供は8~9時間寝ると成績が良くなる

 

異常心理学評論家:杉浦義典によると

アメリカで1万5千人に、睡眠と自殺の関係を調査

22時までに寝る子と0時までに寝る子を比べると

0時以降に寝る子の方が、うつ病になる確率が24%、

自殺を考える子が20%アップした

●深夜0時以降に寝る子供は自殺を考えやすい

(555)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク