幼少期に太ると脂肪細胞が増え、太りやすい身体に

抗加齢医学評論家:中村光伸によると

●1日100回 膝を叩くと痩せホルモンが増加する

1,90度、90度、90度で姿勢よく座る

2,膝の硬い部分を上から叩く

膝を叩くと新しい骨を作ろうとする刺激になる

そこからオステオカルシンというホルモンが分泌され、

オステオカルシンが痩せホルモンのGLP-1や脂肪燃焼させるアデポネクチンに作用する

痛くならない程度に、実験では最低100回

 

腸活評論家:桐村里沙によると

●痩せホルモンを増やすなら脂の乗った青魚がオススメ

青魚に含まれるDHAやEPAを摂取することで痩せホルモンのGLP-1が出やすくなる

 

生物学評論家:池田清彦によると

幼少期に太ると脂肪細胞の数が増える

幼少期にあまり子供を太らせないことも親として大事

●幼少期に太ると脂肪細胞が増え、太りやすい身体に

幼少期に決まる脂肪細胞の量で

将来的な体重の増加を制限できる可能性がある

(41)

スポンサード リンク
スポンサード リンク