●ひざ関節評論家:戸田佳孝」カテゴリーアーカイブ

ホンマでっか!?TVで紹介

幸せになる家 不幸になる家

 

ひざ関節評論家:戸田佳孝によると

●水虫になると水平な場所でも転倒しやすい

 

理由は、足裏の感覚が鈍くなるから

 

国内にある病院に来た 家でコケた患者150人

4割の患者に水虫、2割の患者にタコがあったという

 

水虫やタコがあると歩行速度が遅くなり、

よろめきやすくなり転倒しやすくなる

 

●水虫になって半年以内で転倒する可能性が高くなる

水虫やタコに限らず、外反母趾などの足裏のトラブルが転倒を招く

(467)

スポンサード リンク

ホンマでっか!?TVで紹介

幸せになる家 不幸になる家

 

ひざ関節評論家:戸田佳孝によると

 

●子供の正座する習慣が減り成長期のひざのトラブルが増加

 

女子中学生に多いアンテリオール ニー ペイン

アンテリオール=前 ニー=ひざ ペイン=痛み

 

足首の柔軟性が低下し、

膝を曲げて歩くようになり膝の内側が痛くなる

 

正座は足首が柔軟になり、この病気になりづらい

 

さらに太ももの筋肉を伸ばす効果もある

(867)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

科学で考える肥満とダイエット

 

ひざ関節評論家:戸田佳孝によると

●太っても太ももの筋肉を鍛えればひざは痛くない

 

農作業に従事している人は、物凄い太っていて曲がっていても

太ももが発達しており、ひざが痛まない

 

普段から太ももの筋肉を使わない人は、ひざが変形していないが痛がる

 

体重に対する太ももに筋肉量が問題となってくる

 

ひざを伸ばす太ももの筋肉が発達しているとひざにかかる負担が軽減される

(703)

ホンマでっか!?で紹介

老けないカラダの新常識

 

ひざ関節評論家:戸田佳孝によると

●腰痛の人はヤンキー座りをすれば良い

 

通常、上半身は腰の骨が反る事で支えている

腰の骨が反ると背骨の血管や神経が圧迫されて、

ぎっくり腰になったりする

 

そのため時々 背骨の血管を緩めてあげないといけない

 

緩めるには和式トイレで座る姿勢から屈伸運動をすると

背中の血行が良くなってくる

(1736)

ホンマでっか!?で紹介

 

ひざ関節評論家:戸田佳孝によると

 

●玉ねぎには男性の精力減退を防ぐ効果がある

 

男性ホルモン:テストステロンは

50歳を過ぎたあたりから分泌が徐々に下がり、

うつ病になったり、精力減退したりする

 

玉ねぎの中に含まれるタマネギアイリンという成分は

テストステロンの分泌を活性化させる働きがある

 

国内の某食品メーカーの研究では

老いたマウスに玉ねぎのエキスを食べさせると、

テストステロンの分泌が若いマウスと同じくらいになったという

(1659)

スポンサード リンク