●印象評論家:重太みゆき(重田みゆき)」カテゴリーアーカイブ

心理評論家:植木理恵によると

集中力の実験をすると自分が集中しているのか分かっていない人がほとんど

集中力が切れていることを自覚できる人は少なく、自己モニタリングが明確

●長時間、読書に集中できる人の特徴は、いちいち突っ込みながら読んでいる

話を他人事と思うと集中力は切れやすい

 

印象評論家:重太みゆきによると

●眼輪筋を使うと集中力が持続しやすくなる

目を閉じたまま寄り目にすると眼輪筋を刺激し、集中力がアップする

(52)

スポンサード リンク

印象評論家:重太みゆきによると

●正面よりも斜め45度の方が、4歳も老けて見える

女性1000人を対象に、正面と斜め45度から見る見た目年齢が、

それぞれ何歳に見えるか?を調査

すると正面よりも斜め45度から見る方が、

プラス4歳も老けて見えることが分かった

 

心理評論家:植木理恵によると

●不安や悩みは言うよりも紙に書いた方が良い

不安や悩みは言うと空気に消えていくが、

紙に書くと物質化される

ぼやきを紙に書くと相談事になり、

何が相談事で何が解決するべきことか明確になる

(15)

法律評論家:堀井亜生によると

相手がどう思うか深追いする男性は、女性に浮気されやすい

プレゼントして「本当にうれしい?」と聞く男性は浮気されやすい

何度も気持ちを確認されると面倒と思われ、

他にいっても大丈夫と浮気に走る傾向が高い

●「好きなの?」ではなく「好きだ」と伝えるだけでいい

 

印象評論家:重太みゆきによると

目線の位置による表情の印象の違いの実験では

女性の目を見て話す場合と女性の鼻を見て話す場合を比較

すると

●相手の目より鼻を見て話す方が好印象だった

鼻を見て話すと目が寄り目になり優しい印象の表情になる

(60)

印象評論家:重太みゆきによると

彼氏を育てたい、手がかかるのが好きな人は、褒め上手

●褒め上手の女性は、遊び相手にちょうど良く思われる

 

●質問上手になると良い男性を育てられる

例えば、「どうしてそんなにすごくなったの?」

「なんでその時はうまくいったんだろうね?」

と質問すると男性は武勇伝を語る

 

質問して武勇伝を語らせると新しいことに気づき向上心が高まる

(65)

疲労評論家:梶本修身によると

●冷え性の原因は、隠れ脱水

冬は乾燥しているので知らない間に

熱が逃げていき体の水分が奪われやすい

のどの渇きを自覚しにくいので水分の摂取量も減少してしまう

軟水が多いとミネラルが不足し、尿として全部排泄してしまう

脱水が起こると血流が悪化し、末端が冷えてしまい冷え性になる

フルーツは、水に比べ吸収が遅く、

適度なミネラル成分もあるので摂ったほうが良い

 

生物学評論家:池田清彦によると

●冷え性の人は、静電気が起きやすい

 

印象評論家:重太みゆきによると

●40分笑うと体温が0.5℃上がる

落語を見る前に体温を測った後、落語を見た後に体温を測ったところ

平均、体温が0.5℃上がった実験結果がある

(25)

スポンサード リンク