Category Archives: ●生物学評論家:池田清彦

企業クレーム評論家:谷厚志によると

●国内旅行のクレームで1番多いのは、北海道

1番多いのが、「北海道が広すぎる」

バスツアーに慣れているシニア世代が、

距離が遠くて疲れたとクレーム

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

寒さは、抽象的な思考能力が高まる

●寒い地域には、哲学者が生まれやすい

寒さの中で過ごすと独特な思考が育まれる

 

生物学評論家:池田清彦によると

●キタキツネは致死率90%の寄生虫エキノコックスを持っている

キタキツネの糞から感染し、治療せずにいると致死率 約90%

エキノコックスは、犬からも感染する

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●北海道ではマムシにも要注意 (0)

スポンサード リンク

生物学評論家:池田清彦によると

オーラを身につけたいと思う人は多くいるが、オーラはある意味危険

●オーラを身につけるためには、3タイプある

1つ目は、他人が尊敬のまなざしで見る人

2つ目は、見るからに異形な人(普通と違った姿の人)

3つ目は、むやみに自信がある人→新興宗教の教祖的な人

 

何でもないような人でオーラが出ている人には、気をつけた方が良い

 

認知科学評論家:中野信子によると

笑った顔は、相手を安心させると同時に相手の緊張感も解く

●笑いすぎる女性は、美しいと思われない

顔がキレイでも笑いすぎると親しみやすい印象が強くなる (25)

環境評論家:武田邦彦によると

将来、フォアグラが食べられなくなるかもしれない

フォアグラの作り方が問題視されている

アヒルの口を開けてロートを胃まで差し込み、トウモロコシを注ぐ

そのトウモロコシの量で、フォアグラの良し悪しが決まるという

 

生物学評論家:池田清彦によると

その作り方に対して、動物愛護団体が動物虐待だと訴えている

そこで、

●2023年までに細胞培養で人工的にフォアグラを作る技術が開発される見込み

 

経済評論家:門倉貴史によると

フォアグラ、キャビア、トリュフは、世界三大珍味に数えられている

三大珍味を食べたことがある人にアンケート調査したところ

●三大珍味の中でフォアグラの人気は、ダントツだった

40.6%の人が、フォアグラを1番に挙げた (11)

生物学評論家:池田清彦によると

●外見が魅力的な女子アナのニュースを男は覚えていない

インディアナ大学で1人の女性が

恰好を変えてニュースを読む実験を行った

400人の男女にどちらのニュースが覚えているかと聞くと、

女性は素敵な服を着た女子アナのニュースは覚えていたが、

男性は覚えていないことが分かった

 

イギリスの調査

●街で美人やイケメンを見ることで、1日2500件の車の衝突事故が起きている

運転中 魅力的な異性によそ見経験があると答えた男性が60%もいた

女性は12%だった (15)

かつてはどこの学校にもあったウサギや鶏を飼っていた飼育小屋

最近 それを無くす学校が増えてきている

●学校から飼育小屋が消えつつある

その理由は、アレルギーを持つ子供が増えているから

アレルギーを考慮して、小動物を補充しない学校が増えている

他にも働き方改革に伴い、先生の休日出勤が難しい

長期休みの時に子供たちの登校を減らすため

 

教育評論家:尾木ママによると

●飼育経験のない先生が最近増えている

 

生物学評論家:池田清彦によると

これは動物の死を見せない配慮がされている

●祖父母の死を子供に見せない家庭が増えている

死を通して生き物の命の大事さを伝える教育が少なくなってきている (20)

スポンサード リンク