●生物学評論家:池田清彦」カテゴリーアーカイブ

●おっさんの話が長いワケ

生物学評論家:池田清彦によると

脳の前頭前野が老化すると、論理的にうまく話せなくなり、

話を繰り返すようになる

偏桃体が老化すると

●歳を重ねると相手の感情を読み取るのが下手になる

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●歳を重ねると時間の感覚が分からなくなる

自分では短いと思っても実際長い

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●中年期 力が強いほど認知症のリスクが減る

(15)

スポンサード リンク

生物学評論家:池田清彦によると

●男運悪い最大の原因は、相性が悪い男ばかりに惹かれるから

相性は、フェロモンが関係している

●横に座っただけで気分がいい男性が、自分に合う男性

イケメン、金持ちなど客観的データを重視して

直観を重視しないと失敗しやすい

 

男性の近くで気分が良いか、見分ける力を持つことが大切

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●人工知能でも客観的な情報だけは自分に合う人は見つけられない

写真などの情報を100項目以上 AIに入れて、

相性の良い異性を探させる実験を行ったが、

相性の良さまでは分からないことが分かった

人工知能では学習しきれない実際に会った時の匂いなどの情報が相性の判断には重要

 

心理評論家:植木理恵によると

●お見合いの離婚率は低い

親戚など自分の信用できる人に自分と会う人を委ねてみるのもアリ

(37)

生物学評論家:池田清彦によると

つい似た男性を選んでしまうのには理由がある

 

●女性は初恋の相手を求め続ける

脳内に初恋と同じタイプを見ると興奮する回路ができてしまう

 

●男性に優しくするのは、良くない

男性は女性に優しくされると

自分に気があるという安心感から無下に扱う

(46)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●足の臭いを嗅ぎすぎると病気になる

中国の男性が、定期的に自分の靴下の臭いを嗅いでいたところ、

真菌(カビの一種)が鼻から肺に侵入して、感染症を併発して入院した

 

生物学評論家:池田清彦によると

●朝からストッキングとブーツを履くと夕方には雑菌が23倍に増殖している

靴下と革靴を履く男性は、雑菌4倍ほど

臭いの元は、汗の臭いではなく最近の腐敗臭

(13)

臨床心理評論家:杉山崇によると

●沖縄人がルーズなのは、ポジティブ思考が原因

時間の感覚は、情報の処理量と気持ちのネガティブさに比例する

都会で暮らしていると、ついつい勝ち負けを意識し、

情報の処理量も多くネガティブ思考になりがち

そのため都会人は、時間を長く感じ、時間の管理にうるさくなる

 

沖縄人は、一般的に所得が低い

高くしようとしても嫌がる

それは自分だけ所得が上がって周りから妬まれるのを嫌がっている

勝ち負けにこだわらず、ポジティブ思考なので時間の感覚もゆっくり感じる

 

生物学評論家:池田清彦によると

東京では基本的に知らない人同士の付き合いなのでルールが必要

沖縄は知っている同志の付き合いなので知っているからこそ許しあえる

(29)

スポンサード リンク