●生物学評論家:池田清彦」カテゴリーアーカイブ

認知科学評論家:中野信子によると

人は、他人と一緒にいたい人と一人でいたい人に分かれる

他人と一緒にいられる人の方が結婚に向いている

●人と一緒にいたい人は、自分の顔をSNSに載せる

自己肯定感が高い人は、結婚しやすい

自己肯定感が低い人は、結婚に向いていない

 

生物学評論家:池田清彦によると

●映画を観て泣く人は、結婚に向いていない

感動しやすい人は、結婚に向いてい

感情の起伏が激しい人は、結婚生活に不向き

●感情の起伏が激しい人は、騙されやすい

 

経済評論家:門倉貴史によると

●相手が痩せていると女性が結婚生活にストレスを感じやすい

(9)

スポンサード リンク

疲労評論家:梶本修身によると

●鼻の中を温めると風邪をひきにくくなる

冬に風邪をひくやすくなる原因は、乾燥、密閉空間などと考えられてきた

実は、寒さそのものが風邪をひきやすくさせていることが分かった

 

アメリカのエール大学のマウス実験

ライノウイルスをマウスに入れて、37度から33度に下げるだ

けでウイルスの増殖が急激に上昇することが分かった

体温は37度なので問題はないが、鼻腔内の一般的な温度は、約33度

鼻腔内はウイルスが増殖しやすい環境だった

マスク装着や暖房で鼻を温めることで風邪予防に効果的

 

生物学評論家:池田清彦によると

風邪の予防には、40~60%の湿度が良い

加えて窓を少し開けて換気するとよい

(14)

生物学評論家:池田清彦によると

●性格は遺伝ではなく環境で決まる

性格は近い環境にいる人と逆になりやすい

 

心理評論家:植木理恵によると

●日本人はポジティブであるべきだと思いすぎ

ポジティブ10、ネガティブ0の方が最高である気がするが、

最近の研究では、

そういう時の方が上手くいかないことが分かっている

 

ポジティブ8:ネガティブ2が最も成功しやすい

(41)

認知科学評論家:中野信子によると

●ネガティブな人は長生きする

足掛け80年の間、一人を追いかける研究を1000人行った

すると楽観的傾向の人のほうが早く死んでいることが分かった

●不安が高い人は、成績が良い

学業の成績が良い人は、不安傾向が高い人が多い

先の不安を考え、準備を怠らず、リスクを回避しようとする傾向がある

 

生物学評論家:池田清彦によると

●ネガティブな人ほど攻撃性が強い

自分が過去に行ったことに対し攻撃する

そんな自分を責めてネガティブな思考になる

他人からの悪口に共感し気持ちが楽になりやすい

(37)

生物学評論家:池田清彦によると

●マスクをしていると鼻毛が伸びやすい

吐く息で脳が「マスク内の空気が汚い」と判断し、

鼻毛が伸びるという研究が発表された

 

経済評論家:門倉貴史によると

●今 若者の間でLEDマスクが流行っている

 

 

「光るマスク」2980円

携帯と連動し、アプリを使って好きな文字を入力できる

(36)

スポンサード リンク