●生物学評論家:池田清彦」カテゴリーアーカイブ

生物学評論家:池田清彦によると

●収集癖のない男性は、女性的思考

他人には価値のない物を集めるのは、男性的な思考

実用的なものを集めるのは、女性的な思考

女性的思考の人は、自分のやり方を他人にも強要しがちで仲違いの原因になる

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

チームの将来を考えるチームビルディングの段階は5つ

形成期→混乱期→統一期→機能期→散会期

混乱期は、本音を言い合って衝突しないと団結しない

●小さなミスが起こらない病院こそ、大きなミスが起こる

小さなミスを指摘し合えない集団は、後々に大きなミスを招きやすい

(19)

スポンサード リンク

●Q:海と星の絵を描いてください

生物学評論家:池田清彦によると

海の波がポイント

波が凪の場合は、精神的に穏やかな状態

波が荒れている場合は、心が荒れ気性が荒い状態

 

法律評論家:堀井亜生によると

●別れを素直に受け入れる方が、結婚に向いている

別れを告げられて、相手を責める、自分の意見を強く言う女性は、

彼の意見を聞かずにブロックするタイプで結婚に不向き

(44)

生物学評論家:池田清彦によると

●方向音痴の人は、脳に問題がある

海馬の近くにある嗅内皮質は、

空間情報処理とナビゲーションを行う部位

90度 右に曲がると嗅内皮質で方向を認識する

嗅内皮質の処理能力がない人が、曲がりを繰り返すと迷ってしまう

●緑茶を飲むと方向音痴が改善すると言われている

まだ解明はされていないが、

緑茶を飲むと海馬当たりの神経細胞が増えるという

鳩は頭に磁石があって方向を感知する能力がある

人間にも磁石があるとこが近年分かってきたが、

方向感覚に関わるか分からない

 

心理評論家:植木理恵によると

鉄道路線に興味を持った、地球儀が好き、天体が好きなど

●10歳までに方向感覚に関わるものが好きだった人は方向音痴になりにくい

女性でも幼少期に鉄道が好きだと方向音痴になりにくい

(100)

生物学評論家:池田清彦による

●双子の不思議なシンクロ人生の実例

生後すぐに離され別々に育った双子が、

39年後に出会ったところ、偶然一致することが多すぎた

初婚の女性の名前が2人とも「リンダ」で一緒だった

すぐに離婚し、

再婚相手の名前が2人とも「ベティ」で一緒だった

息子につけた名前は、「ジェームス・アラン」

タバコの銘柄は「セーラム」

飲んでいるビールは「ミラー・ライト」

非常勤保安官をしていた

 

双子は一緒に育つとここまで似ない

双子は互いが最大の競争相手になり、相手と違うことをしたくなる

だが、別々に育つと遺伝的要素が顕著に現れ、趣味嗜好が似やすくなる

(34)

経済評論家:門倉貴史によると

●猫を飼って一緒に暮らすと怖くなくなる

猫の糞便に含まれるトキソプラズマに感染すると恐怖心がなくなる

ネズミが感染すると猫を怖がらなくなる

コロラド大学の研究によると、

人間もトキソプラズマに感染すると恐怖心がなくなることが分かっている

 

生物学評論家:池田清彦によると

トキソプラズマは、ネズミや人間の脳を操れる

猫のお腹の中でしか繁殖できないトキソプラズマは、

ネズミに感染するとネズミの脳を操り、

恐怖心を抑え、猫に食べられやすくする

人間も感染すると恐怖心が減少し、起業、株で大儲け、大事故を起こす

フランス人は、約50% トキソプラズマに感染している

(131)

スポンサード リンク