Category Archives: ●認知科学評論家:中野信子

DNA鑑定評論家:金起範によると

●肉を食べないと髪の毛の健康に影響する

肉を食べて発毛剤を服用すると、その効果が出やすい

男性の抜け毛は、この方法で98%効果が出る

野菜だけでは必須アミノ酸が上手に吸収できず髪の健康に影響する

●赤身より鶏肉の方が、髪の毛に良い

 

認知科学評論家:中野信子によると

●薄毛の男性の方が、経済力があることが分かった

薄毛男性は、テストステロン値が高い

テストステロンが高い男性は、

金融トレードの成績が良いことが分かった (13)

スポンサード リンク

生物学評論家:池田清彦によると

●人間は髪の毛の本数は減らない

髪の毛が少なく見えても薄い産毛が生えており、本数自体は変わらない

人間とゴリラの体毛の本数も、ほぼ変わらない

人間の体毛が薄く進化した理由は、まだはっきりと分かっていない

 

認知科学評論家:中野信子によると

人間が体毛を失った理由は、仮説がいくつかある

その中のひとつが、

●人間が体毛を失った理由は、社会性が高いから

社会性を保つために体毛が邪魔になる理由は、

コミュニケーションの阻害になるからと考えられている

皮膚感覚は、大切

スキンシップすることで親近感が高まる

体毛が多くあるとスキンシップ時の障害となる

犬と比べると猿の顔には体毛がない

それは顔の表情をよく理解するため

人間が体毛を失ったのは、皮膚感覚で多くの情報を得るため

 

●人間が体毛を失った理由は、脳を冷ますため

脳を冷やしにくいので、

体表で血液を冷やせるように体毛を失ったという説もある (16)

認知科学評論家:中野信子によると

●むやみに褒める教育は、間違っている

褒め方は難しく、結果や能力を褒めがち

●結果や能力を褒めると、子供は、次に褒められるためにそれ以下の課題しかやらなくなる

むやみに褒めればよい教育は、子供をつぶしてしまう

 

心理評論家:植木理恵によると

褒めるの効果があるのは、

本当はやりたくないことを、我慢して忍耐してやり遂げた心に対して、

やったね、えらかったね、と承認を与えるのが、親がやるべき褒めること

●やりたくないことを頑張った時に褒めてあげるのが良い

 

●自発的に頑張っているのを褒めることは報酬ではなく罰

本人がやりたくてやっている時は、黙って見守るのも一つの教育

黙って見守る教育は、自発的に一生続ける

褒める教育は、褒められなくなるとやめる

もしやりたいことをみつけてやり始めたら、もう言わない

●何事も楽しそうにやり始めたら褒めるのは控えた方が良い

自発的にやっている最中は何も言わず、結果に対して感想を伝えるのが良い

●子供が頑張れない時は、怒らず共感するのがベスト (51)

環境評論家:武田邦彦によると

大学入試や定期試験は、やる意味がない

本来の試験も目的は、自分の学力を本人が確認するため

苦手な科目の勉強をしないと平均点が高くならない

試験をすることで国民全体、

嫌いな科目の勉強ばかりして学校を過ごすことになる

●日本の教育は、試験をすることで勉強嫌いが増える結果に

これが大きな弊害

日本の全体の学力が下がっている

本人がやりたいことを伸ばす教育に

変えていかなければ優れた人材が生まれにくい

 

認知科学評論家:中野信子によると

●日本の学生は、良い点数を取った科目を勉強しなくなる

日本の学生は、悪い点数の科目を頑張り、

100点を取った科目は勉強しなくなる傾向にある (18)

認知科学評論家:中野信子によると

滑舌は、遺伝する

●噛まずに言える遺伝子を持つ人は、日本全体の4.5%しかいない

 

残りの95%の人は、よく噛む、

やや噛みやすい遺伝子を持っている

発声する時は、脳の運動準備野から口の筋肉に伝達して音を作る

 

緊張があると伝達が上手くいかず、噛んでしまう現象が起こる

 

生物学評論家:池田清彦によると

難しい言葉は、脳で作ってから発音するので噛みにくい

普段の何気ない言葉の方が準備せずに発するため噛みやすい (51)

スポンサード リンク