●認知科学評論家:中野信子」カテゴリーアーカイブ

認知科学評論家:中野信子によると

●自分のことを客観的に見がちな人は、催眠術にかかりにくい

客観的に見るための前頭前野は、

恋愛中や体が疲れていると弱り、催眠術にかかりやすくなる

子供の方が催眠術にかかりやすいのは、前頭前野が未発達だから

 

疲労評論家:梶本修身によると

●韓国では強盗事件やひき逃げ事件の犯人探しに催眠術を使っている

ソウルのハンデ銀行で強盗事件が発生した

犯人はマスクを着けていたので顔は分からない

犯人同士の会話をおぼろげに聞いていた目撃者は会話を覚えていない

催眠術で目撃者の過去を掘り起こしていくと

犯人同士の会話が分かり、犯人の検挙につながった

 

●催眠術のかかりやすさは、遺伝子が関係している

遺伝子検査で催眠術にかかりやすいか、かかりにくいかを調べることができる

遺伝子のOPRM1の118番目がひとつ違うだけで

かかりやすさに影響することが分かっている

その遺伝子は、痛みに関する感受性の遺伝子

心と体の痛みに敏感な人ほど催眠術にかかりやいと言われている

(13)

スポンサード リンク

認知科学評論家:中野信子によると

失恋したときに早く立ち直る方法がある

●失恋から早く立ち直るには、恋人の写真を捨てない方が良い

恋人の写真を捨てた方が、よく思い出してしまう

人間の脳は、過去の記憶を都合よく取り出す仕組みになっている

過去の記憶を都合よく美化してしまう

なので、あの時こうすれば…という思いがあると過去の恋人が実際以上に輝かしく感じられやすい

 

写真を残して見直すことで美化されることを防ぎ、早く立ち直れる

 

頑張れば実ったかもしれない恋ほど、強く記憶に残りやすい

(23)

心理評論家:植木理恵によると

新生児でも、自分のことで両親が言い争っていることは認識している

赤ちゃんが泣いている時でも喧嘩するのは良くない

僕は泣いてはいけないんだと引っ込み思案な、

友達を作りにくいなど性格形成に影響があることが分かっている

●赤ちゃんは夫婦喧嘩を聞いているので気を付けないといけない

 

認知科学評論家:中野信子によると

●「私、太ってる?」と聞いてきた女性への回答には、正解がある

太ってるかどうかの基準は決まっていないので

「気にしてるんだね、僕は気にならないけどね」

●「私のこと好き?」と聞いてきた女性への回答にも正解がある

「そんなことが気になるの?一緒に居るんだから好きに決まっている」と答えないといけない

(51)

心理評論家:植木理恵によると

●女性は、キレた時に本当はこうしてほしいとは言わない

どうして、いつもここにマグカップを置きっぱなしなの?

どうして、ハンカチたたまないの?など

本当にそのことを言っているわけではない

女性の心の置き換えという

いつも小さなことで怒る妻は、他のことで夫に不満を持っている可能性がある

夫は「時間あるけど手伝えることある?」と聞いた方がいい

 

認知科学評論家:中野信子によると

夫は褒められないのが当然と思って、家事をやらないと地雷を踏むことになる

男性は女性よりも褒められたい脳を持っている

 

●妻に注意されたときは、言い分を認めてなだめるのが効果的

女性の方が嫌な思い出をよく覚えており、記憶を引っ張り出しやすい

妻の怒りの感情が抑えられないときは、その場から離れ冷静になる時間を作った方が良い

(27)

認知科学評論家:中野信子によると

人は、他人と一緒にいたい人と一人でいたい人に分かれる

他人と一緒にいられる人の方が結婚に向いている

●人と一緒にいたい人は、自分の顔をSNSに載せる

自己肯定感が高い人は、結婚しやすい

自己肯定感が低い人は、結婚に向いていない

 

生物学評論家:池田清彦によると

●映画を観て泣く人は、結婚に向いていない

感動しやすい人は、結婚に向いてい

感情の起伏が激しい人は、結婚生活に不向き

●感情の起伏が激しい人は、騙されやすい

 

経済評論家:門倉貴史によると

●相手が痩せていると女性が結婚生活にストレスを感じやすい

(31)

スポンサード リンク