●疲労評論家:梶本修身」カテゴリーアーカイブ

疲労評論家:梶本修身によると

よもぎ蒸しは、漢方薬草を煮立たせ、

その蒸気を全身の穴から吸収することで体の芯から温め、

健康効果を得る韓国の民間療法

韓国では600年前からお粉られている健康法だが、

あそこに座っただけで蒸気の成分が体に入って良くなることなどない

少なくても

●よもぎ蒸しの冷え性対策効果に科学的根拠はない

よもぎには抗酸化物質やビタミンが含まれているので、

青汁や傷口に塗るのは効果がある

 

●冷え性対策で辛い料理を食べるのは逆効果

辛い料理を食べると汗をかくため、体が温まったと勘違いしがち

実は、脳が勘違いしているだけ

人間の舌には、辛さを感じる細胞はない

辛いと感じるのは温痛覚といい、痛い、熱いが脳に伝わっている

熱い感覚が脳に伝わり、体温を下げようと汗が出る

身体を冷やすために末梢血管が収縮し、手足の冷え性が悪化しやすい

●生の生姜を食べても意味がないが、80度以上30分以上加熱することで深部体温を上げる効果がある

(17)

スポンサード リンク

疲労評論家:梶本修身によると

最近の人は痩せているので冷え性の人が多い

冷え性なので長湯してしまいがちだが、

●長湯をすればするほど、体温調節機能が落ち、冷え性が悪化する

長湯から上がって2時間もすれば冷え性が悪化することもある

そもそも体温が高い方が良いイメージがあるが、

体温が高いことによるメリットは少ない

体温が高いと免疫力が上がることは町がないないが、

データをとると

●体温が低い人の方が、長生きすることが分かった

アメリカのジョンズ・ホプキンス大学が、

65歳以上の716名を25年間 追跡調査

すると普段から低体温の人の方が、明らかに長生きしていた

代謝が低いため、酸化ストレスも抑えられ、

老化が進行しにくいためと考えられている

そこで体温が0.5度低い低体温マウスを作り実験したところ、

メスの寿命が20%も伸びた

人間に当てはめると平均寿命86歳が103歳まで寿命が延びた

(24)

疲労評論家:梶本修身によると

朝に飲むコーヒーは悪くないが、

●寝起きに眠気覚ましのコーヒーを飲むのは、逆効果

コルチゾールには、血圧や血糖値を上げる働きがある

このコルチゾールは、起床時がピーク

ピークになっているからこそ、朝起きてからすぐに活動できる

カフェインには、コルチゾールを上げる作用がある

朝起きてコーヒーを飲むと、コルチゾールが一気に上昇し、

仕事を始める2、3時間後に低下し、眠気、だるさを感じるようになる

 

仕事を始める前にコーヒーを飲むとちょうどよい目覚め方になる

(25)

美容評論家:神林由香によると

●男性が女性用の化粧水を使うのは逆効果の可能性がある

男性も女性も基本的に肌は同じだが、一番の違いは皮脂

男性ホルモンは星を分泌させる作用が強い分、抑えることが重要

女性はメイクを落とすなど肌が乾燥しがちなので、女性用化粧水は保湿が目的

男性が女性用化粧水を使うと皮脂を補い、ニキビの悪化などに繋がる

 

疲労評論家:梶本修身によると

●トイレットペーパーを便座に敷くより そのまま座った方が衛生的

便座はツルツルしていて、元々抗菌力が高い

便器の水を流すと細菌は高さ90㎝まで舞い上がるため、

吸湿性が高いトイレットペーパーには、細菌が付着している

トイレ使用後は、手洗いを入念にすることが大切

(72)

疲労評論家:梶本修身によると

●心を鎮めるためにヨガや瞑想をすると、むしろわがままになる

 

ドイツ マンハイム大学が93名のヨガ実践者と

162名の瞑想実践者を観察調査したところ、

終えた実践者は、自己高揚感、自己中心性(わがまま度)が高くなることが分かった

終えると幸福感が出るのだが、心が鎮まって幸福感を得るのではなく

自己中心的になり、自分のことが好きになって幸福感を得ていた

 

ヨガをやると血流が良くなるので身体面で悪いことがない

だがホットヨガは汗が出るので、自律神経が疲れるだけ

(908)

スポンサード リンク