Category Archives: 病気・健康について

生物学評論家:池田清彦によると

●30代で出産した方が、20代で出産するより長生きする

昔から高齢出産は具合悪いと言われてきたが、そうではない

30代は、女性が様々な経験を積み、最も安定しており

子育てやストレスなどにも順応するからではないか、と考えられる

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●寿命だけでなく子供の知能が高くなる

高齢出産のイメージはよくないが、

30代後半~40代で出産する方が、

頭が良い子供が生まれる可能性が高い研究データがある

●父親が50代で産まれた子供は、知能が高い

 

美肌研究家:森智恵子によると

●女性の体は精子を無意識のうちに選択している

女性は、心とは別に無意識に精子を選択し、受け入れない場合がある

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●精子は協力し合って受精を目指していることが分かった (473)

スポンサード リンク

脳科学評論家:澤口俊之によると

●女医の方が患者の生存率が高い

 

肥満治療評論家:工藤孝文によると

男性医師は、経験から我流になりがち

女性医師は、臨床基準に沿って治療する

 

美肌研究家:森智恵子によると

●女性の痩せすぎが原因で未熟児の確率が高まっている

出生時、体重2500g未満を低出生体重児という

日本人は、約10人に1人の割合で未熟児

インド、南アフリカ、インドネシアと同じくらいのレベル

欧米と比べると日本は明らかに未熟児が多い (109)

生物学評論家:池田清彦によると

昨今、医学的に必要がないにもかかわらず

帝王切開に頼る女性が増加している

 

アメリカで1000人を対象に調査

●帝王切開で産まれた人は、自然分娩に比べてアレルギーが5倍 出やすい

自然分娩の場合、産道を通るため母親の細菌を肌や口から取り込む

対し、帝王切開すると無菌で産まれる

 

アメリカでは帝王切開する場合、母親の膣にガーゼを入れて、

赤ちゃんの口に突っ込んだり、顔に塗ったりしている (215)

疲労評論家:梶本修身によると

●乾燥肌の人は、光り物の寿司を食べたほうが良い

イワシ、サンマ、サバなどを食べたほうが良い

表皮の中にある細胞管脂質で一番重要な役割を持つのがセラミド

セラミドは肌の水分を保つだけでなく

肌の代謝にも役割を持っていることが分かった

セラミドを作るのに、不飽和脂肪酸が重要な役割を果たしている

不飽和脂肪酸は、体の中で生成できないので

食べ物から摂取する必要がある

EPAやDHAを含むオメガ3脂肪酸を摂ると

セラミドを生成し、抗炎症効果が期待できる

 

オメガ3脂肪酸が多く含まれているのが、イワシ、サンマ、サバ

米にもセラミドが含まれているので、光り物の寿司は乾燥肌に効果的

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●光り物の魚を食べると緊張を抑える効果がある (131)

環境評論家:武田邦彦によると

●2018年、日本から認知症が無くなる可能性がある

日本の認知症患者は、世界と比べても特別に多い

 

日本は厚労省の働きでコレステロール値を下げすぎた

それによって頭の回転が上手くいかない

コレステロールは脳の神経線維を保護し、

脳の情報を素早く伝達する役割がある

 

コレステロール値を急激に下げたことにより、

脳からの伝達に不具合が生じている可能性がある

 

厚生労働省は、コレステロールの摂取基準を設けなくなった (1522)

スポンサード リンク