Category Archives: 病気・健康について

脳科学評論家:澤口俊之によると

●春に自殺率が高いワケ

その理由は、

1、春は衝動性が高まりやすい

2、楽しそうにしている周囲とのギャップ

最も有力なのが、アレルギー説

アレルギーによって気分が不安感、うつ感になる

●花粉症になると気持ちが落ち込みやすくなる

 

●花粉が1平方メートルあたり20個増えるだけで成績が2.5%下がる

花粉症の人でなくても脳に悪影響を及ぼす

花粉症の症状が出ていなくても、脳内で微小な炎症が起こっている

涙やくしゃみなど症状が出れば対策できるが、

出ないと普通に過ごして脳に悪影響が起こる (13)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

●マイナスの事を曜日のせいにすると うつ病になりにくい

 

例えば、いつかの火曜日にトラブルがあったせいで、

火曜日がブラックデーになっている人がいる

 

曜日のせいにできる人は、自分を責めなくてすむ

 

自分では動かせない曜日のせいにするとストレスになりにくい (5)

生物学評論家:池田清彦によると

●手術をするなら圧倒的に月曜日

 

イギリスの病院のデータから

約410万件の術後1か月以内に死亡した約2万7千人を調査

●金曜日は月曜日より44%も手術後の死亡率が高い

緊急手術以外は、週の前半に行う方が良い

 

●火曜日は、インフルエンザや肺炎で死亡する人が多い

週末、人混みに出かけ、感染する可能性が考えられる (15)

心理評論家:植木理恵によると

 

スタンフォード大学の研究

80歳以上で食にこだわる人は、認知機能、記憶力、

感情年齢のスコアが軒並み高いことが分かった

 

●食にこだわりがある人は、認知機能が高い

 

舌に乗る物の味にこだわる人は、はつらつとしている (17)

異常心理評論家:杉浦義典によると

●認知症になるとだんだん絵が描けなくなる

 

アルツハイマー型の認知症患者に人の絵を描いてもらうと

描かれた体のパーツがだんだん少なくなる

 

認知症でない人が描くと、もちろん人らしい絵を描く

軽度の認知症の人が描くと、ロボットのような人を描く

 

人物画を描いた時の体のパーツの数と知能程度に関連性がある (7)

スポンサード リンク