Category Archives: 病気・健康について

食物アレルギー評論家:千貫祐子によると

●海でクラゲに刺されると納豆アレルギーになる危険性がある

 

クラゲの触手に含まれる成分と納豆のネバネバ成分は、

ほぼ同じ構造をしている

この現象は、湘南サーファーに多発している

 

●花粉症の人が果物・野菜アレルギーになりやすい

 

似たような構造でアレルギーが起こることを交差反応という

 

年を取ってから急に嫌いになった食べ物は、

アレルギーになっている恐れがある (4)

スポンサード リンク

食物アレルギー評論家:千貫祐子によると

●露出の多い格好でキャンプに行くと牛肉アレルギーになる危険性がある

マダニは春~秋にかけて活発化する

気づかない間に噛まれる危険がある

マダニは噛む際に痛みを感じない物質を入れるので、噛まれた人は、何も感じない

 

何度もマダニに噛まれると牛肉アレルギーを発症し、

じんましん、最悪 死に至ることもある

 

マダニの唾液中のアレルゲンと牛肉のアレルゲンが、ほぼ同じ構造をしている

血液型B型、AB型は、ほぼ発症しない

 

マダニに効く成分が入った虫よけを使うのが、ベスト (13)

●肌の露出が多ければ多いほど脱水症状になりやすい

直射日光が直接 当たると肌が熱を持つ

熱を冷やすために汗をかくが、すぐに蒸発

これを繰り返すことで脱水症状になってしまう

 

●夏は風通しの良い長そで長ズボンがベスト

インドやアラブ系の民族衣装が外で作業するのに最も良い (3)

疲労評論家:梶本修身によると

これからは病院に行かずに自分で治療して治す時代となる

●怪我をした皮膚に電子デバイスをつけて怪我を治す電子ばんそうこうが開発された

 

名前は、ティッシュー・ナノトランスフェクション

電子デバイスを皮膚に貼ると、そこから出る電磁波で

遺伝子情報を血管に書き換えて治すスピードを速くする技術

●電子ばんそうこうで脳や内臓も作れる

 

脳梗塞のマウスで実験

電子デバイスを皮膚に貼るとその皮膚細胞が脳神経細胞に変わり、

脳神経細胞を再生し、その脳神経細胞を脳に移植し、脳梗塞が回復した

豚とマウスでは98%の成功率で年内には臨床実験が始まる (39)

歯科医療評論家:伊丹太郎によると

●怪我で大量出血した時、助かる確率は他に血液型に比べてO型は1/2

 

東京医科歯科大学が2018年5月に発表した報告

大きな事故に遭った901人を追跡調査した結果、

O型の人の方が死亡率が高かった

 

血液中には13種類の血液凝固因子があり、

血液を止血する役割を担っている

 

他の血液型と比べて、O型の人は、

血液凝固因子の中のフォン・ウィルブランド因子が、

極端に少ないことが分かった

 

他の血液型に比べて、O型は血が固まりにくい (44)

スポンサード リンク