Category Archives: 病気・健康について

生物学評論家:池田清彦によると

●第一子の方が、近視になる確率が高い

第一子と親の教育熱の高さが関係している可能性が考えられる

 

眼評論家:林康隆によると

●現代の若者は、まばたきの回数が減り不完全になっている

まばたきには、目の表面に酸素や栄養を与える大事な役割がある

さらに表面を涙液でならし、モノを見やすいようにする役割もある

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●茶色い目の人は、信頼されやすいという事が分かっている

黒や茶色い目は、信頼されやすい

青や薄い黒や薄茶色の目は、信頼されない (7)

スポンサード リンク

疲労評論家:梶本修身によると

近年、遺伝子の研究が進み、分かってきた

●遺伝子的に頭のいい人に近視が多い

 

スコットランドで30万人を対象とした研究が行われた

すると読書量の多さと近視に相関関係はないことが分かった

ゲノム解析して認知機能の高い遺伝子と

近視になりやすい遺伝子に相関関係があることが分かった

 

データをとると

●認知機能が高い人は、近視率が32%高かった

さらに認知機能が高い人は、

高血圧、心臓疾患、肺がんになりにくく、

うつ病のリスクが30%低かった (11)

生物学評論家:池田清彦によると

●爪を噛んで死にそうになった人がいる

敗血症という

血が出るほど爪を噛むと、傷口から雑菌が入り、

全身に炎症を伴う感染症

 

アメリカでは敗血症で死亡する人は、25万人もいる

 

肥満治療評論家:工藤孝文によると

●爪を噛み続けると出っ歯になる

指を噛むことで歯が前に出てくる

爪噛みは、5歳までに直さないと60%以上は自然治癒しにくい (13)

水環境問題評論家:吉村和就によると

●3歳までの水の記憶が、人格と骨格に影響する

疲れて体力がないときは、生まれ故郷の水を飲むと効果的

 

生まれ育った土地の水が、最も自分の体に合う

 

●水の硬度とイライラは、密接に関係している

 

硬水を飲んでいると怒りっぽくなりやすい

軟水を飲んでいると穏やかになりやすい (19)

予防医療評論家:石黒伸によると

●高齢者は水を飲みすぎると心不全になりやすい

高齢者は過度に水を摂取すると

心臓のポンプ機能が低下し、心不全になってしまう

 

●体重×30mLが、健康を維持するための最低必要な量

 

水が不足すると筋肉、骨、脳も水不足になり体重が低下する

体重によって水の摂取量が変わるため、

水をたくさん飲めばよいという情報には要注意

心臓、腎臓機能を医師に見極めてもらい摂取する水の量を調整すると良い

 

腎臓機能が正常に働いていると適度に喉の渇きを感じる (11)

スポンサード リンク