美容・ダイエットについて」カテゴリーアーカイブ

生物学評論家:池田清彦によると

●夕食を抜くと逆に太る

腹がものすごく減ると食べ過ぎる

食事回数を減らすと1回の食事で過食になり一気に血糖値が上昇する

 

寝る前に食べるとよくないと言われてきたが、

●寝る前に150kcal食べたほうが痩せるというデータがある

寝る前に食べると代謝の速度が速まり、

空腹で寝るより痩せやすいという考え

食べても痩せている人は、寝ている時の代謝が高い

 

いくらや辛子明太子は、痛風に悪いと言われてきたが、

●プリン体は、言われるほど魚卵に入っていない

プリン体が多く含むのは、いわし、カツオなど

もっとも入っているのが、レバー

(217)

スポンサード リンク

美容医療評論家:慶田朋子が紹介

●育毛できるドライヤー スカルプケアドライヤーへアリプロ

 

 

ヘアサロンなどでも使われているプロ仕様のドライヤー

シャープとアデランスが育毛を目的に開発

ドライヤーから照射される赤色LEDに育毛効果があるといわれている

髪が痛む原因となる静電気をプラズマクラスターが抑えてくれる

またカッサを取り付けることで頭皮マッサージができる

(31)

白髪のメカニズム評論家:青木仁美によると

色素幹細胞が存在する白髪は、

正常に機能すれば黒髪に戻る可能性がある

●ハーブのヤーバサンタが白髪の予防 改善に効果がある

 

ヤーバサンタは、アメリカの西海岸に生息し、聖なるハーブと呼ばれている

お茶のように飲んだり、皮膚に直接塗ることで、

色素幹細胞を保持して白髪を予防したり、改善することが確認されている

 

ヤーバサンタに含まれるルテオリンは、

ピーマン、レタス、エゴマなどにも多く含まれており、

白髪を予防することが確認されている

(1696)

心理評論家:植木理恵によると

●ヘアカラーを何度も変える人は、創造性が高く健康度も高いことが分かっている

心の病気の人がヘアカラーをすると新しい自分を発見したり、健康になったりと効果がある

髪型や色を変えない人は頑固な人が多い

 

皮膚評論家:玉城有紀によると

●ホクロの毛を抜くと皮膚がんになる可能性がある

ホクロは、母斑細胞の塊

ホクロに慢性的に刺激を与えてしまうと皮膚がんに変化する可能性がある

肌を傷つけないようハサミでカットする方が良い

 

生物学評論家:池田清彦によると

●直径7㎜以上のホクロは皮膚がんになる危険性がある

5㎜以内のホクロは、皮膚がんになる可能性が極めて少ない

大きくなり1㎝を超えると転移している可能性がある

(65)

植毛評論家:長井正寿によると

何か作業するときなど髪を束ねがちだが、

●長時間 髪を束ねていると薄毛になる

毛を引っ張るような髪型を長時間続けると

けん引性脱毛症の危険性がある

日本舞踊や舞妓さんなど引っ張り加減が強く、頭の真ん中にハゲができやすい

一度抜けた毛はほぼ戻らない

 

●パーマやヘアカラーはハゲの原因にはならない

髪の毛は毛球から1㎜を超えると死んでいる

なので死んでいる髪の毛を痛めつけても薄毛に関しては無関係

 

●くせ毛は剃れば治ることもある

くせ毛の人が、坊主後に伸ばしたらストレートになった事例はある

(36)

スポンサード リンク