Tag Archives: セロトニン

認知科学評論家:中野信子によると

女性は男性の2/3しか幸せホルモンのセロトニンが合成できない

セロトニンは、甘い物を食べると増える

●セロトニンを合成できない女性は、甘い物を食べる

 

女性が甘い物を食べるのは、お腹を一杯にしたいわけでなく、

セロトニンを一杯にしたいから

 

●妻が甘い物をいっぱい食べ始めたら幸せではない証拠 (193)

スポンサード リンク

認知科学評論家:中野信子によると

●タンパク質を摂らないと甘い物を余計に食べたくなる

タンパク質には、アミノ酸が含まれている

アミノ酸は、セロトニンの原料となる

 

●人はセロトニンが減ると甘い物が欲しくなる

なのでタンパク質をしっかり摂らないと

甘い物を食べすぎて太ってしまう (102)

疲労評論家:梶本修身によると

●温泉に入っても腰痛が治るとは限らない

温泉の効能には源泉、泉質の他に適応症が書かれている

適応症には、一般的適応症と泉質別の適応症がある

腰痛は、一般的適応症に含まれる

 

一般的適応症の取得許可条件は、湯の温度が25℃以上のみ

25℃以上なら、成分が入っていなくても一般的適応症の許可が取れる

 

なので腰痛に効く成分が入っていないくても効能に書けてしまう

 

温泉に入ってセロトニンが分泌され、気分的に痛みが和らぐことはある (70)

ホンマでっか!?TVで紹介

認知科学評論家:中野信子によると

●恋人との仲を深めたければ旅行は短期間が良い

幸せホルモン:セロトニンは、旅行の初日の夜が最も多い

その後、セロトニンはどんどん減っていく

 

6年に1回した旅行に行かない女性と

1年に2回以上旅行に行く女性を比べると

心臓疾患で死亡する確率が格段に違うことが分かった

●旅行に行かないと、心臓疾患で死亡するリスクが高まる

 

毎年 旅行に行かない男性は、

毎年 旅行に行く男性より死亡リスクが20%増える

 

リラックスすることが、心臓疾患のリスクを低くする (697)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

認知科学評論家:中野信子によると

●梅雨のおねだりの成功率は高くない

天気が悪い日はセロトニンが減少し、

物事を疑い深くなりやすい

 

●晴れの日 高気圧 風が強い日は おねだりの成功率が高くなる

それは あまり雲が無い空

 

気象学評論家:福岡義隆によると

梅雨は気圧が低く酸素が少ない

そのため副交感神経が優位に働く (376)

スポンサード リンク