セロトニン」タグアーカイブ

加齢医学評論家:岡本宗史によると

●「野菜ファースト」より「糖質が最後」が大事

糖質を最初に食べる、糖質を最後に食べる、

半分ずつ食べるグループに分けて血糖値の上昇を比べたところ

糖質を最後に食べるグループの方が血糖値の上がり方が低かった

 

腸活評論家:桐村里沙によると

●出汁パックをふりかけ代わりにかけると良い

出汁パックには、昆布、煮干し、あご出汁など色々入っている

食物繊維だけでなくミネラルが豊富

ミネラルはミトコンドリアがエネルギー代謝に必要

現代的な食事では、ミネラル不足

さらにミネラルにはセロトニンやドーパミン分泌にも必要で

不足するとやる気にも影響する

 

非常に健康な1000人を調査すると

腸内細菌の多様性が高いことが分かった

多様性を保つためには色々な栄養素を摂取することが大事

(36)

スポンサード リンク

認知科学評論家:中野信子によると

セロトニンが合成されたから

15時間後にメラトニンが生成される

 

メラトニンは入眠に重要なホルモンだが、

それ以上に肌の老化を防ぐことが分かった

その効果はビタミンEの数倍

 

●メラトニンが肌の老化を防ぐ

 

●気温が上がると人の攻撃性も上がる

(48)

疲労評論家:梶本修身によると

●人の目ばかり気にしている人は、過敏性腸症候群になりやすい

ストレスによって腸内細菌のバランスが崩れ、

お腹の痛みに過敏に反応してしまう

 

●過敏性腸症候群の可能性が高い人

・月に3日以上 腹痛やお腹の針がある

・便秘や下痢を繰り返す

 

●日本人の10人に1人以上が過敏性腸症候群

セロトニンの働きが関係しているといわれ、

分泌を促すことができると改善の可能性がある

 

セロトニンの分泌を促すには

・規則正しい食生活

・散歩や運動

・十分な睡眠

(89)

生物学評論家:池田清彦によると

●アラフィフ女性が涙もろくなるのは、女性ホルモンが減るから

女性ホルモンのひとつエストロゲンは、

幸せホルモン セロトニンをコントロールしている

女性ホルモン エストロゲンが減少すると

セロトニンが不足し、情緒が不安定になってしまう

 

女性が更年期に入るとエストロゲンが減少するだけでなく、

上がったり下がったり起伏が激しくなる

エストロゲンが少ないと脳が指令し、

卵巣がエストロゲンを出そうと頑張るため、

振れ幅が大きくなり情緒が不安定になる

40~50の頭くらいまでは不安定

(60)

肥満治療評論家:工藤孝文によると

●マスク生活でヒゲが濃くなるワケ

マスクの摩擦によるダメージを軽減しようと毛が生えた可能性が高い

 

さらにストレスが、ヒゲが生える原因になっている

ストレスを感じると自律神経が乱れ、

ストレスホルモンが多く分泌される

ストレスホルモンは、男性ホルモンと似た作用があるため

ヒゲが映えた可能性も考えられる

 

●女性のヒゲ予防は、キャベツの千切りが効果的

ストレスホルモンを減らすには、

ダンスなどのリズム運動をしてセロトニン(幸せホルモン)を増やすこと

でもダンスはなかなかできない

キャベツの千切りをリズムよくやるとセロトニンが増えると言われている

さらにキャベツを食べることで、

女性ホルモンを増やす栄養素ボロンも摂取できるためヒゲ予防になる

(1104)

スポンサード リンク