大腸がん」タグアーカイブ

神戸大学医学部:吉田優 准教授によると

●大腸がんは一滴の血液を検査するだけで早期発見できる

大腸がんは、早期発見であれば手術可能で治らない病気ではない

体の中には遺伝子と呼ばれる設計図がある

その設計図からタンパク質を作って、

糖、アミノ酸、脂肪酸など様々な代謝物を動かして生命活動している

がん細胞は、特異な遺伝子を持ち、小さながん細胞が共存している

 

血液に流れる遺伝子を全部調べて、小さな異常を見つけるのは難しかった

また がん細胞は特異的なタンパク質を出す

このタンパク質を見ることは難しいが、

タンパク質が作用した代謝物を調べることで、

小さながん細胞を見つける技術を開発した

 

代謝物を調べるガスクロマトグラフ質量分析計の技術が一気に向上してきた

2-ヒドロキシ酪酸、キヌレニン、アスパラギン酸、

シスタミン+システアミンが大腸がんに関連する4つの代謝物

血液から検出された関連物質の値を当てはめ、

一定の数値異常だと がんの可能性があると判断している

早期の大腸がんを95%の確立で発見可能

(466)

スポンサード リンク

統合医療評論家:亀井眞樹によると

●日本の味噌汁が健康食として世界的にも注目されている

味噌汁は日本人が発明したモノと言われている

 

味噌汁を飲む回数が多い人は、胃がんの死亡率が減る

乳がん、前立腺がんの予防にも効果的

さらに動物実験レベルであれば

肺がん、肝臓がん、大腸がんの発がん抑制効果がある

●味噌汁は、胃がん、乳がん、前立腺がん、肺がん、肝臓がん、大腸がんの発がん抑制効果がある

 

味噌汁の成分:ゲニステインが、がんの進行を抑制する

味噌汁の成分:メラノイジンが、細胞のがん化の活性を抑制する

 

長崎に原爆が落とされた、爆心地からすぐそば、

秋月辰一郎さんは、病院に味噌を大量に備蓄していた

爆心地のそばで患者にも職員たちにも味噌を大量に食べさせた

すると自身も職員も患者もひとりも原爆症を発症しなかった

その情報からチェルノブイリ原発事故の際、

ヨーロッパから味噌の注文が殺到したという

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●日本の緑茶は認知症リスクを約65%も軽減させる

1日2杯飲めば効果がある

(272)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

立命館大学:田畑泉によると

●運動をして筋肉を使えば 大腸がんを予防することができる

よく運動する人は、大腸がんになりにくいと発表されている

 

運動すると筋肉の中からスパークという物質が出てくる

●運動で出たスパークが、大腸の前がん細胞を殺してくれる

走ったり泳いだりするだけで

全がん細胞は減少することが分かっている

(706)

スポンサード リンク