成績」タグアーカイブ

ホンマでっか!?TVで紹介

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●ヒドイ点数のテスト用紙をマンションの掲示板に張り出す親がいる

 

これは成績を上げさせるための方法で親に悪気はない

 

ヒドイ点数のテスト用紙を携帯で撮影し子供同士のSNSサイトに投稿

 

マンションの掲示板付近にわざと落とし、

貼りだされ辱める事で、勉強しなきゃと思わせる

 

そんな毒親のせいで、

子供がストレス発散で塾の入ったビルを荒らしている

 

昔に比べ親に対し文句を言う子供が減少

そのストレスのはけ口が塾などに向けられている

(415)

スポンサード リンク

ホンマでっか!?TVで紹介

我が子の人生を左右する新学期トラブル

 

心理評論家植木理恵によると

親が子の係を知っているかどうかが、

この成績と心の性格に影響があることが分かっている

●子供に学校の係を聞くと成績&精神的に好影響

子供が学校で何を担っているのか?を会話する事が

本人の成長を育てる効果がある

 

医療評論家:おおたわ史絵によると

●子供の肘を見れば学校での様子が分かる

授業で退屈な子や休み時間で友達のおらず

1人で過ごす子は、肘をつく傾向がある

すると肘の皮がガサガサしてくる

(1469)

ホンマでっか!?TVで紹介

人生を左右する睡眠のヒミツ

疲労科学評論家:田島世貴によると

●小学生の睡眠時間が30分増えるだけで中学生時の不登校が減る

平均8時間 睡眠をとっていた小学高学年の睡眠を30分増やしただけで

中学生になった時に不登校になる子が減ったという

3日間 40分の睡眠時間が減るだけで

記憶力低下、集中力低下、反射神経低下する

 

予防医療評論家:倉知美幸によると

●子供は8~9時間寝ると成績が良くなる

 

異常心理学評論家:杉浦義典によると

アメリカで1万5千人に、睡眠と自殺の関係を調査

22時までに寝る子と0時までに寝る子を比べると

0時以降に寝る子の方が、うつ病になる確率が24%、

自殺を考える子が20%アップした

●深夜0時以降に寝る子供は自殺を考えやすい

(554)

ホンマでっか!?TVで紹介

幸せになる家 不幸になる家

 

統合医療評論家:亀井眞樹によると

●家族で食事をする機会が多いほど子供の社会性、積極性、集中力、学業成績が上がる

 

2007年、アメリカでの子供の健康に関する調査

 

家族で食事する頻度が高い子供ほど、

学校での集中力が非常に目立つ

積極性が高く、みんなど友達になろうとする社会性が身につく確率が高い

さらに学業成績も高かった

 

その後も追跡調査をすると、10代での非行が少なかったという

 

研究者によると、食事をする頻度の数は、週4回以上

 

週4回以上の家族との食事が、家族の秩序を教える

 

(今日はみんなで食事をするのかな?)という

予見性が子供の心を安定させる

(661)

今どきの最新教育事情

 

心理評論家:植木理恵によると

中高生に「彼氏がいますか?」「彼女がいますか?」

「好きな人はいますか?」「憧れの人はいますか?」を調査

「いる」と答えた方が成績が高い事が分かった

 

●中高生は好きな人がいる方が成績が良くなる

 

恋愛をしている時の方が学業に前向きになる

 

大人が勉強の重要性を話しても子供にはあまり伝わっていない

 

「好きな子にバカだと思われたくない」が

勉強のモチベーションになっている

(3856)

スポンサード リンク