浮気」タグアーカイブ

SNSトレンド評論家:山口夕依によると

●今どきプレゼントは欲しい物を事前に男性に伝えるのが当たり前

以前は、男性に任せる人が多かったが、

今は自分から欲しいものを伝えるのが多数派

 

●ワリキリ女子が増えた

浮気性な人が、10代や20代でも当たり前になってきている

 

生物学評論家:池田清彦によると

●17世紀、18世紀のフランスの貴族文化は、不倫が仕事だった

当時の貴族の結婚は政略結婚で親が決めていた

知らない相手との結婚生活は耐えられない

夜はお互いの不倫相手がお互いの部屋に

シャンゼリゼ通りで馬車に乗れば、次の不倫相手を探す日々

色々な人と不倫して宮廷の情報を集めることが一つの役目だった

不倫の一つもできない男女は、当時のフランスでは落ちこぼれだった

(31)

スポンサード リンク

法律評論家:堀井亜生によると

相手がどう思うか深追いする男性は、女性に浮気されやすい

プレゼントして「本当にうれしい?」と聞く男性は浮気されやすい

何度も気持ちを確認されると面倒と思われ、

他にいっても大丈夫と浮気に走る傾向が高い

●「好きなの?」ではなく「好きだ」と伝えるだけでいい

 

印象評論家:重太みゆきによると

目線の位置による表情の印象の違いの実験では

女性の目を見て話す場合と女性の鼻を見て話す場合を比較

すると

●相手の目より鼻を見て話す方が好印象だった

鼻を見て話すと目が寄り目になり優しい印象の表情になる

(50)

認知科学評論家:中野信子によると

●首都が東京と正式には決まっていない

現在、東京には皇居があるが、

それは行幸(みゆき、天皇が外出すること)で来ているのであって、

本来は東京に首都が移ったことは正式に決まっていない

明治天皇は、東京にちょっと行ってくると言って旅立った

 

経済評論家:門倉貴史によると

●京都の本音と建前の文化は、応仁の乱から始まった

1467年、室町幕府と将軍家と

官僚家の後継者争いから応仁の乱が勃発

全国の大名が集結して11年に及び

戦いを繰り返し、京都は壊滅状態となった

よそ者と無用な衝突を生まないように

一定の距離を保つ会話術が発達した

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●京都府民は、4人に1人が浮気する

大規模調査で都道府県の浮気率を調べた結果、

1位、埼玉県 31.03%

2位、京都府 25.63%

京都の女性は、外に出て働く文化

 

環境評論家:武田邦彦によると

●パンの消費量は、京都が日本一

ちなみにコーヒー消費量も日本一

(38)

妻に浮気されたことがある夫100名と夫婦円満夫100名にアンケート調査

 

●あなたのチャームポイントは?

愛され夫

1、特にない 40人

2、優しい 29人

3、笑顔 16人

4、几帳面 14人

浮気された夫

1、優しい 35人

2、特にない 33人

3、目 18人

4、スタイルが良い 15人

心理評論家:植木理恵によると

自意識が強い男性は、女性に嫌われることが分かっている

女性は無自覚な男性の良い所を探して気づいてあげたいという本能的な性質がある

「俺は○○が得意」と発表する男性に興味がない

 

●何をしているときが1番幸せか?

愛され夫

1、食べているとき 13人

2、家族といるとき 12人

3、子供と遊ぶとき 7人

浮気された夫

1、食べているとき 14人

2、特にない 12人

3、寝ているとき 10人

法律評論家:堀井亜生によると

浮気された夫の幸せを感じている時間は、総じて自分だけの時

浮気される夫は、家族に無関心が人が多い

 

●親友は何人いる?

愛され夫

1、1~2人 36人

2、0人 32人

3、3~4人 20人

浮気された夫

1、0人 37人

2、1~2人 28人

3、3~4人 17人

法律評論家:堀井亜生によると

親友が0人の男は、浮気されやすい

友人と過ごす時間は、自分の人格を磨くのに大事

友人もおらず定時に帰宅する夫を、妻は男性的な魅力を感じなくなる

 

●妻と1日に何回メールしますか?

愛され夫

1、3回以上 38人

2、1回 33人

3、しない 26人

浮気された夫

1、しない 40人

2、1回 29人

3、3回以上 28人

心理評論家:植木理恵によると

男性と女性で浮気する気持ちが違う

男性の浮気は、性的関心や少年的な懐かしさに基づく恋愛心が根底にあるが

女性の浮気は、夫への不満が根底にあるが多い

女性は男性に比べて、回数を重視して覚えている

女性は年に一度のサプライズより、毎日3回のメールの方が記憶に残る

マーケティング評論家:木原誠太郎によると

メールは多すぎてもダメ

調査によると1日12回以上メールを送ると女性は疲弊する

 

●結婚生活で心掛けている事は?

愛され夫

1、ケンカをしない 31人

2、常に褒める 17人

3、いってらっしゃいのキス 11人

浮気された夫

1、ケンカをしない 19人

2、常に褒める 12人

3、おやすみのキス 8人

マーケティング評論家:牛窪恵によると

妻にいってらっしゃいのキスされる男性は、年収が25%高く、浮気されにくい

脳科学評論家:澤口俊之によると

いってらっしゃいのキスで夫婦の親和性が高まる

 

ちなみに

●浮気が発覚したきっかけ

1、スマホを見た 28人

2、妻からの告白 23人

3、友人からの情報 21人

4、街中で偶然見かけた 10人

5、自宅でばったり なんとなく直感 3人

 

●浮気を見つけた後に検索したワード

浮気+希望、浮気+時刻表、浮気+見破り方、浮気+探偵、

浮気+なんで、浮気+LINE見方、浮気+気分転換、

浮気+原因、浮気+慰謝料、浮気+態度、浮気+化粧

(360)

法律評論家:堀井亜生によると

●診察室に一緒に入る夫は、DVの可能性が

まず自分が怪我をさせている場合は、

医師に告げ口しないか見張るため診察室に同行する

医師の申告でDVが発覚することが多い

夫が同行するケースが多く、夫から退避させて警察に電話する

 

男女関係評論家:池内ひろ美によると

●DVする人の周りにはDVをする人が集まりやすい

DVは、親からの遺伝は10%にも満たない

それよりもどういった環境で育つかが重要

DV関係の両親の仲が良いと、子供は成功体験として認識する

子供が女子の場合、男性の暴力を容認する女性になる

 

心理評論家:植木理恵によると

●男性の浮気を助長する女性の行動がある

「ちゃんと口に出して謝っていないじゃない!!」

「ごちそうさまは!!」など

女性が形式的なことにこだわると

男性は外に愛情を探したくなる傾向がある

女性が男性に反省を求めすぎると浮気を助長させる可能性がある

(213)

スポンサード リンク