Tag Archives: 肺がん

疲労評論家:梶本修身によると

近年、遺伝子の研究が進み、分かってきた

●遺伝子的に頭のいい人に近視が多い

 

スコットランドで30万人を対象とした研究が行われた

すると読書量の多さと近視に相関関係はないことが分かった

ゲノム解析して認知機能の高い遺伝子と

近視になりやすい遺伝子に相関関係があることが分かった

 

データをとると

●認知機能が高い人は、近視率が32%高かった

さらに認知機能が高い人は、

高血圧、心臓疾患、肺がんになりにくく、

うつ病のリスクが30%低かった (10)

スポンサード リンク

統合医療評論家:亀井眞樹による

簡単な動作で 肺がんの疑いがあるかどうかの診断

 

手を膝の上に置き、同じ高さに振り上げ、

太ももの同じ場所を、手の甲、手の平と交互に早く叩く

 

1、いつも同じ高さに振り上げているか?

2、交互にちゃんと打てているか?

3、同じ強さで打っているか?

これによって人間の小脳を機能を見ている

 

スムーズにできない人は、小脳の機能が低下していることが多い

 

胸のレントゲンなどで肺がんが

 

見つかる数か月後に小脳の機能が低下することがある

小脳機能低下により、足がもつれる、物を倒すなどの障害が起こる (361)

統合医療評論家:亀井眞樹によると

●日本の味噌汁が健康食として世界的にも注目されている

味噌汁は日本人が発明したモノと言われている

 

味噌汁を飲む回数が多い人は、胃がんの死亡率が減る

乳がん、前立腺がんの予防にも効果的

さらに動物実験レベルであれば

肺がん、肝臓がん、大腸がんの発がん抑制効果がある

●味噌汁は、胃がん、乳がん、前立腺がん、肺がん、肝臓がん、大腸がんの発がん抑制効果がある

 

味噌汁の成分:ゲニステインが、がんの進行を抑制する

味噌汁の成分:メラノイジンが、細胞のがん化の活性を抑制する

 

長崎に原爆が落とされた、爆心地からすぐそば、

秋月辰一郎さんは、病院に味噌を大量に備蓄していた

爆心地のそばで患者にも職員たちにも味噌を大量に食べさせた

すると自身も職員も患者もひとりも原爆症を発症しなかった

その情報からチェルノブイリ原発事故の際、

ヨーロッパから味噌の注文が殺到したという

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●日本の緑茶は認知症リスクを約65%も軽減させる

1日2杯飲めば効果がある (241)

ホンマでっか!?TVで紹介

健康管理の新常識

 

アメリカのサイエンス・ディリーに掲載

●息の温度から肺がんを診断できるようになる

 

イタリアの大学の研究

レントゲン検査で肺がんの疑いのある82人を調査した

その際、彼らの吐く息の温度を調べた

通常、息の温度は約34℃

 

●吐く息の温度が34℃より高いと肺がんの人が多かった

口の中は体温と同じなので36度くらい

息は体外に出るので少し低くなるもの

34℃より高い場合 肺がんの可能性が考えられる

 

今後、息を吐くという簡単な方法で

肺がんの一次検査をしようと研究している

 

●40℃以上の高熱が続くとがん細胞が消えるケースも

がん細胞は成城の細胞より高温に弱い (713)

スポンサード リンク