法律評論家:堀井亜生によると

●友人に貸しても返してもらえないお金は、給料を差し押さえて取り返せる

いきなり差し押さえはできない

相手の給料を差し押さえるには、

まず裁判を起こして勝つ必要がある

相手が裁判に応じない場合、欠席判決となり、こちらが勝つ

 

勝訴後、相手の職場が分からない場合は、

弁護士の特権(弁護士照会制度)を使って相手の職場を探し出す

相手の住まいの管理会社に相手の職場を問い合わせる

 

フリーで収入を得ている場合は、

ネットで相手の活動を定点観測し、取引先全てに照会をかける (3)

スポンサード リンク

法律評論家:堀井亜生によると

法律上、自力救済の禁止という考え方がある

自分でお金を貸しても、法的手続きを取らず、

自力でお金を回収する行為を原則として禁止している

 

例えば、自分の自転車が盗まれた

歩いていたら他人の家の前に

停められている自分の自転車を発見

自分のだと思って持って帰ってきたら、犯罪になる

 

基本的に、法律上 物などは、占有している人の財物とみなされる

占有権がなければ自分の持ち物を

誰に盗まれても良いことになってしまう

 

自力救済を許すと暴力が働くなど秩序に混乱が生じる (6)

節約評論家:和田由貴によると

家電量販店でポイントカードを利用している人は多い

しかし溜まったポイントで購入した場合、ポイントはつかない

そこで

●獲得したポイントでプリペイドカードを買うとお得

量販店ではポイント獲得に専念し、

プリペイドカードは別の店舗で使う

 

量販店で購入するとき、カードで支払うと

ポイントがつかないケースが多い

しかし家電量販店の商品券で購入すると現金と同じくポイントがつく

 

なので買いたいものが決定しているのであれば

金券ショップで商品券を安く購入してから

量販店で購入した方がポイントがつくのでお得 (4)

脳神経評論家:菅原道仁によると

●途中でやめたら勿体ない と思う人は、お金が貯まらない

何号か雑誌を購入すると車が完成するデアゴスティーニ

無理に続けるのではなく、やめたくなったら、その時にやめるべき

 

●30分 映画を観て つまらなかったら出られる人こそ、お金が貯まる人

残りの時間をダラダラ観るより、

違うことに時間を使えることが、株で言う損切り

 

日常生活の行動から切る練習をしておくと、

損する前に切ることができるようになる (10)

法律評論家:堀井亜生によると

●ケチな性格は、親を見れば分かる

お金に対する価値観は、親の価値観が影響しやすい

日常生活の癖は、親の影響が大きい

将来 本院が成功して大金持ちになっても、その癖は変わりづらい

 

離婚の相談で、金銭感覚が合わないという相談が多い

付き合っている時は、デート代も払ってくれて

プレゼントもたくさんくれるので分からなかった

確かに、彼の実家に行くと節約家

ペットボトルを洗ってコップ代わりにしていた

日常生活における癖ややり方は、持って生まれたモノ

 

なので結婚相手を選ぶときは、親の価値観と合うかが大切 (10)

スポンサード リンク