経済評論家:門倉貴史によると

●目線を反らさない人は詐欺に引っ掛かりやすい

 

イギリスの研究

消極的な人と積極的な人に分けてテーブルで向かい合って、

どちらが先に目線を反らすかの実験を行った

 

すると積極的な人の方が、先に目線を反らした

 

消極的な人は、嫌われたくないため、

相手の考えを読み取ろうと先に目線を反らさない

 

なので消極的な人は、詐欺師のペースに引っ掛かりやすい (44)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

●100点を目指すより、合格点を目指した方が良い

 

「100点を目指そう」と背中を押す子供たちと

「合格点を目指そう」と背中を押す子供たちを分けて実験

 

すると1年後、ストレスがかかり

100点を目指す子供たちの成績は上がらなかった

 

しかし85点でも合格点を目指す子供たちは、

1年後、成績が向上した

 

重要な箇所以外、最悪ミスしてもいいという合格点を探すと人は肝が据わる (65)

脳科学評論家:澤口俊之によると

眠りが浅いのは、脳的に意味がある

 

嫌なことが起こった夜、脳はあえて寝つきを悪くさせる

 

寝ている間に記憶は定着してしまうので、

嫌な記憶を定着させないようにあえて寝つきを悪くさせている

寝つきが悪いは、脳の防御反応

 

慢性的な不安感を抱くと、脳が委縮し、

うつ病や認知症になりやすくなる (158)

法律評論家:堀井亜生によると

●現代の若者は、直接話すのが苦手

今、ネットの誹謗中傷の相談が多い

 

堀井は、実際に書いた人に会って謝罪させることがあるという

●ネットで誹謗中傷を書く人は、気弱な人が多い

直接会って意見するのは勇気が必要だが、ネットなら強気に言える

 

電話の時とメールの時で人柄が変わる人がいる

●メールの時だけ強気になる人がいる

 

認知科学評論家:中野信子によると

伝言ゲームをやった人はわかると思うが、

●音声による記憶は変わりやすい

電話とメールでの人格が異なるのが普通 (51)

海外セレブゴシップ評論家:大柳葵理絵によると

●温度で色が分かるヘアカラーが大流行する

髪の毛の色が温度によって色々な色に変化していく

 

ドライヤーはもちろん、

手の平の温度でさえも反応し、色が変化する

 

肌に優しい材料で製造されており、

数回のシャンプーで落とせる (16)

スポンサード リンク