心理評論家:植木理恵によると

デートでは、いろんな写真を撮るもの

 

後から一緒に撮った写真などの視覚情報から

当時の感覚や感情を思い出すよりも

一緒に聴いた音楽の方が、当時のことを深く思い出すことができる

 

●写真を撮るよりも音楽を聴く方が思い出に残る

写真などの視覚情報では当時のことを深くは思い出しづらい

当時 共有した音楽を聴くと記憶が鮮明によみがえりやすい (39)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●渋滞で運転中の彼氏に絶対に言ってはいけない一言

3位が、もう帰りたい:18%

2位が、疲れた:19%

1位が、まだ着かないの?:27%

 

教育評論家:尾木ママによると

ピースサインで写真を撮ると危険

●写真のピースサインから指紋情報が盗まれる

ピースした写真から生体情報が盗まれ、

悪用される危険性がある (81)

疲労評論家:梶本修身によると

●海外旅行で時差が大きければ大きいほど便秘になりやすい

腸内細菌のバランスが崩れると便秘になる

生体リズムを狂わせる大きな要因が、時差

 

●GWは女性にとって一番体重が増える時期

男性は正月

 

女性は春に海外旅行に行く

●国内旅行よりも海外旅行の方が体重が増えやすい

韓国よりも時差の大きいアメリカの方が体重が増えやすい

海外旅行に行く際は、便秘対策を考えておくと良い (15)

心理評論家:植木理恵によると

●男性が女性にマメに尽くし過ぎるとフラれる確率が高くなる

 

尽くせば尽くすほど価値が下がる

 

人は、給料の安い仕事ほど「面白かった」と思いたい

こんなに給料安いのに頑張ったんだから意味があると考える

長く待たせる占い師ほど「当たる」という気がする

 

尽くす側は、よほど相手のことが好きだと錯覚しやすい

尽くされる側は、大したことない相手と錯覚しやすい (102)

環境評論家:武田邦彦によると

バイクの運転している人よりも、

後部座席に乗っている人の方が恐怖心を感じやすい

運転している人は怖さを感じにくい

 

自ら行動している人と比べて、付き合いで行動している人は、

100倍くらい危険性の感じ方が大きい

 

なので

●キャンプで親が楽しみ過ぎると危険性が見えなくなる

付き合いで行動している親は、危険が見えやすい (16)

スポンサード リンク