Category Archives: ●生物学評論家:池田清彦

生物学評論家:池田清彦によると

●同じ水槽に淡水魚と海水魚が共存できる

 

海水魚も淡水魚も細胞の中の塩分濃度は0.9%で同じ

 

海水魚が淡水に入ると、

塩分濃度が薄い方から濃い方へ水分が流れ、パンクしてしまう

 

淡水魚が海水に入ると、

塩分濃度が薄い方から濃い方へ水分が流れ、萎れてしまう

 

細胞と同じ塩分濃度の水槽であれば淡水魚と海水魚が共存できる (40)

スポンサード リンク

生物学評論家:池田清彦によると

鳥の糞を落とされる車をよく見かけるが、車の色によって確立が違う

イギリスで1100台の車を調査した結果、

●赤色の車は、最も鳥に糞を落とされやすい

赤い車に糞が落とされる確率は、18%

青い車に糞が落とされる確率は、14%

黒い車に糞が落とされる確率は、11%

白い車に糞が落とされる確率は、7%

グレーの車に糞が落とされる確率は、3%

緑色の車に糞が落とされる確率は、1%

 

疲労評論家:梶本修身によると

●人が見て認識している色は、脳が補正を加えた色

色を補正する能力は、後天的に獲得する (609)

生物学評論家:池田清彦によると

人間が感じることができる色は、3色だけ

色を感じる遺伝子が、緑、青、赤の3色しかない

 

●人間は緑、青、赤の組み合わせで色んな色を認識している

 

猫は2色、鳥は4色、

トンボは15~33種類の色を感じることができる

 

人間でも4種類の色を感じる遺伝子を持つ人が存在することが分かった (99)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●ほうれん草は、蛍光灯の光で栄養素が増える

ほうれん草は、蛍光灯の光で光合成し、栄養価が増加する

研究的には日が経つごとに栄養素が増加する

 

●高価なモノの横に安価なモノを陳列すると高価なモノの価値が下がって見える

専門的に、それを汚染という

 

生物学評論家:池田清彦によると

●スーパーやコンビニで衝動買いする人は、原始人に戻っている

狩猟採集をしている原始人は、

物が目の前にあると食べる、計画性なく生活していた

計画性は農耕民族から受け継がれてきたスキル

衝動買いする人は、計画性に乏しい人が多い (48)

生物学評論家:池田清彦によると

●幼少期 犬や猫を飼うと人を見る目が養われる

 

犬や猫の感情は、表情に出る

 

人は、口で騙される

 

喋られない犬や猫とコミュニケーションできる子は、

言葉以外で直感的に信頼関係を判断できるようになる (123)

スポンサード リンク