Category Archives: ●脳科学評論家:澤口俊之

脳科学評論家:澤口俊之によると

●人間が優しさを覚えるのは、2~3歳の時期

他人の親切な行動を見ると、自分も親切な行動をしたくなる

大人になってから優しさを覚えるのは難しい

 

●赤ちゃんは1歳くらいで泣く頻度が減る

赤ちゃんが泣く原因は、痛い、寂しい、怒る

1歳になると怒り感情を抑える能力が出てきて怒って泣くことがなくなる

2~3歳までに感情を制御する能力を学ばないとキレやすい子になる

 

その時期に親切行動を学ばないと自分勝手で攻撃的になる (91)

スポンサード リンク

脳科学評論家:澤口俊之によると

●アメリカの睡眠学会では、学校の始業時間を16歳10時、18歳11時を推奨している

10歳は8時半、16歳は10時、18歳は11時の始業時間にしないと

睡眠障害で学習と精神におけるダメージが起こると発表している

 

生物学評論家:池田清彦によると

日本でも高校生は始業時間を10時以降にしないと

様々な健康被害の原因になると分かっている

 

脳は、2~3歳までにシナプスのつながりが決まる

8~9歳までに脳の基本機能が決まる

そのあとは、いかに基本機能を上手く使うかという段階 (322)

女性で失敗する男診断

Q:童謡の桃太郎を低音で歌ってください

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●低音で歌える人は、簡単に浮気する

歌は言葉よりも進化的に早いと言われている

団結心を高め、異性を惹きあう

 

●低音で歌えて上手い男性は、女性が心を許しやすい

しかし男性は、一夜限りでいい、長期的な関係を求めない

アフリカの一夫多妻制の国では、声が低い男性ほど子供が多いというデータがある

 

●低音の男性は、女性から嘘をつきやすいと思われる (1373)

脳科学評論家:澤口俊之によると

味覚によって聴覚が変化する

●人は、しょっぱいものを食べると音が小さく聞こえる

映画館の大音量は、ポップコーンを食べると程よい音量に感じる

 

アゴを動かすことで前頭前野が活性し、集中力がアップする

 

心理評論家:植木理恵によると

●人は物を飲み込んでいる時に判断が甘くなる

ピーナッツを嚙みながら漫画を読むと評価に差を付けられない

何も食べずに漫画を読むと、きちんと評価できるようになる (74)

●みずがめ座、うお座、やぎ座の社長の会社は倒産しやすい

 

東京商工リサーチが、

11万6505件の倒産会社の社長の星座を調査

 

倒産企業の社長で最も多かったのが、みずがめ座

2位がうお座、3位がやぎ座

 

倒産までの期間の長さは、

1位:やぎ座、2位:いて座、3位:みずがめ座

 

つまり冬生まれの社長は、粘り強く我慢強い傾向があることが分かった

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

冬(1~3月)生まれの人は、新規追求性や冒険性が高い (228)

スポンサード リンク