Category Archives: ●脳科学評論家:澤口俊之

脳科学評論家:澤口俊之によると

●女性は楽しい時の感情より、不快な感情を読み取る男性を好む

自分の不快な感情を気付かれない場合、

嫌な感情を抑え続け、後々爆発する傾向にある

 

離婚しないためには、感情を抑えないで、全て感情を出したほうが良い

●交戦する女性ほど離婚しにくい

 

●妻がイライラしている時、好きな食べ物を渡すと良い (133)

スポンサード リンク

脳科学評論家:澤口俊之によると

女性は、大体 年上好みと年下好みで二分化される

 

心理評論家:植木理恵によると

中学生になる頃に、年下、年上の

どちらと接するのが心地よいのかが分かれる

 

日本人の場合は、見捨てられ不安という文化があり、

ほとんど年上から見捨てられるのが嫌 (241)

生物学評論家:池田清彦によると

●故郷を愛している人が多いほど、その土地はメジャーになれない

 

メジャーな地域に住む人は、他から人がたくさん来るため、

故郷という考えがない

 

マイナーな地域は、他から人が来ないため、

故郷を愛している人が占める

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●高齢者と思っているだけで記憶力が低くなる

型にはまった物事の考え方をステレオタイプ志向という (72)

Q:男性に一目惚れしたことがある?

A:ある B:ない

 

●一目惚れするタイプは、結婚に向いている

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

一目惚れをしない人は、恋愛をしたくないことになる

●一目惚れをしない人は、恋愛結婚を拒否している

恋愛したい、結婚したいという気持ちがないと一目惚れもしない

 

昔は0.5秒以内と言われていたが、

●人は異性をたった0.2秒で好きになる

会った瞬間の0.2秒で自分との相性も判断している

 

法律評論家:堀井亜生によると

アメリカの離婚率は、約50%だが、

一目惚れをして結婚した人の男性の離婚率は20%、

女性の離婚率は10%

●一目惚れして結婚した人は、離婚率が低い

離婚しやすい女性は、焦りから妥協して相手を選ぶ傾向にある

一目惚れをした相手と結婚した人は、長続きする (296)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●3歳神話は全くの嘘

3歳までに英語教育しないとまずいは、嘘

段階に応じた教育が大切

3歳くらいは友達関係が重要

 

キレる、感情を抑えられないは、3歳くらいまでに教育しないといけない

●キレる子供になるかどうかは3歳までに決まる

脳の発育段階に応じて子供を教育した方がよい

 

心理評論家:植木理恵によると

3歳くらいまでに自分の国の言葉をきちんと入れることが大切

 

生物学評論家:池田清彦によると

耳から入る情報は、一番重要

書くは、小学校に入ってからでも充分 (457)

スポンサード リンク