Category Archives: ●疲労評論家:梶本修身

疲労評論家:梶本修身によると

日本ではインフルエンザのワクチン接種は、

病院に行かなければならないが、

●アメリカでは、インフルエンザのワクチン接種がドライブスルーでできる

 

アメリカでは、医師でなくても看護師や

薬剤師でもワクチンを接種することができる

スーパーのドラックコーナーでも簡単に摂取させてくれる

 

貧困層は、病院でのワクチン接種が困難でワクチン摂取をしなくなる

するとパンデミックのリスクが高くなる

そこで誰でも簡単に摂取できるような仕組みが作られるように (67)

スポンサード リンク

疲労評論家:梶本修身によると

遅寝・遅起きは、健康に良くなく、子供の成長を阻害すると言われているが、

実際に調べてみると

●遅寝・遅起きの方が、将来 高収入の仕事に就きやすいことがが分かった

スペインの大学が10代の学生1000人を対象に調査

普段から遅寝・遅起きの学生の方が、早寝・早起きの人より、

考察力、判断力、分析力が優れていることが分かった

 

●遅寝・遅起きの方が、考察力、判断力、分析力が優れている

これまで早寝・早起きの人の方が、成績が良いイメージがあった

学校が朝型で、午前中にテストをしていたから、

朝型の方が成績が良くなりやすいと考えられる

実際に調べてみると夜型の方が将来 出世する確率が高かった (472)

疲労評論家:梶本修身によると

おしっこを我慢するのは、健康に良くない

●おしっこを我慢しながら ついたウソは、バレにくい

 

カルフォルニア大学で行われた実験

700㏄の水を飲んで、おしっこを我慢させた後にウソをつかせる場合と

50㏄の水を飲ませてウソをつかせた場合、

聞いている人が、どれだけウソを信じるかを調査

すると700㏄の水を飲んで、

おしっこを我慢させた後についたウソはバレにくいことが分かった

 

おしっこを我慢している時は、脳のセルフコントロール機能が働いている状態

生理的な衝動を抑えていると、

ウソがバレやすい表情の変化、

まばたきの数が増える、声が上ずるなども抑えることが分かった (90)

疲労評論家:梶本修身によると

盲腸で虫垂炎になったら、普通 外科で虫垂を切除する

●虫垂は、できるだけ切除しないほうが良い

虫垂とは、小腸と大腸の間にある盲腸の突起部分

医学部でも、虫垂とは人間が進化するうえで

退化すべきものが残った遺物と教えられてきた

なので切除しても問題ないが、常識だった

 

最近の研究で、虫垂は、人間の免疫力を高めるうえで

進化し続けてきた非常に重要な免疫器官だということが分かった

●虫垂は、免疫力を高める重要な器官

虫垂を持っている哺乳類と持っていない哺乳類がいるが、

虫垂を持っている哺乳類の方が、免疫力が相当 高いことが分かっている

 

突起の中に善玉菌に必要な菌を蓄えていて、

腸内細菌のバランスが崩れたときに活性化し、

菌を放出して腸内環境のバランスを整える (121)

疲労評論家:梶本修身によると

コペンハーゲンで大規模な調査が行われた

●毎日ジョギングしている人は、週3日の人より早く死ぬ

 

適度な運動は体によく、寿命を伸ばす

適度とは、程々な運動を程々にすること

程々とは、会話ができる程度の運動を指す

 

ランニングや会話ができないジョギングは、

寿命を短くする場合がある (193)

スポンサード リンク