Category Archives: 育児・教育について

生物学評論家:池田清彦によると

●幼少期 犬や猫を飼うと人を見る目が養われる

 

犬や猫の感情は、表情に出る

 

人は、口で騙される

 

喋られない犬や猫とコミュニケーションできる子は、

言葉以外で直感的に信頼関係を判断できるようになる (22)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

女の子は、人と約束事するのが好きでルール好き

●ルールを作り、ルールを守った時に、すごく褒めると良い

1歳過ぎて自我ができてきたら、約束事を作って守らせると

将来子供が人間関係を築くのが上手くなる

●約束をした上でのコツンは、愛情として記憶に残る

ルール化されたペナルティは、優しいものとして伝わる

ペナルティを先に伝えておくことが重要

母と娘は成立するが、男の子は その契約関係が難しい

男の子は、父親と約束事をするのが好ましい

●男の子は、お母さんを喜ばせたいから動き回る

母親のリアクションを見たくて小さい男の子は動き回る (46)

幼児教育評論家:桐川敦子によると

●凸凹の園庭がある幼稚園に通わせると運動神経が高くなる

凸凹のあす場所で遊んでいるうちに自然とバランス感覚や体幹が養われる

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●危険な遊びをした方が、大人になって心が折れにくい

海外の研究では、綱登り

綱登りをすることで危険を察知する能力などが養われる

安全に遊ばせすぎると将来 心が弱い大人になるという研究結果もある (28)

疲労評論家:梶本修身によると

遅寝・遅起きは、健康に良くなく、子供の成長を阻害すると言われているが、

実際に調べてみると

●遅寝・遅起きの方が、将来 高収入の仕事に就きやすいことがが分かった

スペインの大学が10代の学生1000人を対象に調査

普段から遅寝・遅起きの学生の方が、早寝・早起きの人より、

考察力、判断力、分析力が優れていることが分かった

 

●遅寝・遅起きの方が、考察力、判断力、分析力が優れている

これまで早寝・早起きの人の方が、成績が良いイメージがあった

学校が朝型で、午前中にテストをしていたから、

朝型の方が成績が良くなりやすいと考えられる

実際に調べてみると夜型の方が将来 出世する確率が高かった (386)

●教科書に落書きすると集中力と記憶力がアップする

アメリカで行われたいくつもの名前を口頭で伝えて覚えてもらう実験

落書きをしながら覚える群と真面目に覚える群で分かれた

すると落書きをして覚える群のほうが、

覚える率が29%高いことが分かった

 

●落書きをすると記憶力が29%もアップする

真面目に覚えるのは、受動的だが、

落書きは、意識的に行っている

意識的に行っている落書きは、記憶と結びつくのではと考えられる (29)

スポンサード リンク