旅行に行かないと、心臓疾患で死亡するリスクが高まる

ホンマでっか!?TVで紹介

認知科学評論家:中野信子によると

●恋人との仲を深めたければ旅行は短期間が良い

幸せホルモン:セロトニンは、旅行の初日の夜が最も多い

その後、セロトニンはどんどん減っていく

 

6年に1回した旅行に行かない女性と

1年に2回以上旅行に行く女性を比べると

心臓疾患で死亡する確率が格段に違うことが分かった

●旅行に行かないと、心臓疾患で死亡するリスクが高まる

 

毎年 旅行に行かない男性は、

毎年 旅行に行く男性より死亡リスクが20%増える

 

リラックスすることが、心臓疾患のリスクを低くする

(773)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク