新型コロナウイルスは付着後、最長9日も生存できる

感染症対策評論家:岡田晴恵によると

ドイツが発表した論文では新型コロナウイルスの寿命が長い

机やドアノブにウイルスが付着すると

インフルエンザウイルスであれば1~2日で死滅するが、

新型コロナウイルスは、最長9日生存する可能性がある

●新型コロナウイルスは付着後、最長9日も生存できる

手すりや欄干など家の様々な所に付着した新型コロナは、

長期間生存するため注意が必要

家にある塩素系漂白剤を0.1%に薄めて拭き取ればウイルスはほぼ除去できる

 

●マンションなどの集団住宅で集団感染の危険性がある

2003年のSARS流行の際は、中国の集団住宅で、

各家の浴室のU字菅に水がなく

1人のSARS患者から集団感染したと推測されている

長期外出後に下水のニオイがする場合、U字菅の水が蒸発している可能性高い

長期間外出する場合は、排水溝の蓋をすればよい

(71)

スポンサード リンク
スポンサード リンク