Category Archives: ●運動生理学評論家:谷本道哉

心理評論家:植木理恵によると

泣き虫な人ほど、圧倒的に他人からの援助が多い

●泣き虫な人ほど、他人に助けてもらえる

 

映画を観てもらって涙を流す人、流さない人、

それぞれにパズルを解いてもらう実験を行った

圧倒的に多くのヒントを貰えるのは、涙を流した人たちだった

精神疾患でも、カウンセリングで涙を流して話す人の方が治りが早い

 

運動生理学評論家:谷本道哉によると

●持久力は遺伝的個人差が2倍以上ある

持久力は、遺伝的な個人差が大きく、鍛えても2~3割しか伸びない (36)

スポンサード リンク

運動生理学評論家:谷本道哉によると

片頭痛に良い食べ物がある

●頭が引っ張られて傷む筋膜から来る片頭痛は、コラーゲンを食べると良い

筋膜は細胞を繋ぎとめる結合組織で、ほぼコラーゲン

 

コラーゲンを摂ると体内のコラーゲン合成が高まるという論文が多数発表されている

 

●コラーゲンを大量に摂取すると便秘になりやすい

コラーゲンの有効量は、1日5g~10g程度

ゼラチンを小さじ1杯程度、お茶に溶かして飲む

それを1日2~3回飲むと効果的 (153)

運動生理学評論家:谷本道哉によると

●日本人は長距離が割と強いと言われているが、超長距離はもっと強い

 

5000m、1万mは強くないが、マラソンはメダル圏内

陸連に公認されている100㎞マラソンは、

世界記録保持者は男女ともに日本人

 

●日本人が超長距離走に強い理由

1、日本は多湿のため発汗機能が発達し、

体温上昇を抑えるのに有利

 

2、日本人は足が短いため、ピッチ走法の選手が多く、

小股なので足への負担が少なく有利 (195)

運動生理学評論家:谷本道哉によると

●酵素自体が体に良いかは、かなり怪しい

大根おろしやパイナップルに含まれる

消化酵素には、効果があるが、

酵素が体に入って役目をするかは、眉唾

 

基本的に酵素は分解されてアミノ酸になるだけ

ただ納豆キナーゼのように大きいまま体に入って活躍するのもある

 

●酵素ダイエットは痩せる

酵素が多い食品は、繊維質が豊富で

抗酸化作用があり腸内細菌を改善する

体に良い面が多く、低カロリーで痩せやすい (149)

運動生理学評論家:谷本道哉によると

●脂肪を落とすには 朝の運動、筋肉をつけるには 夜の運動

 

夕方から夜にかけて体温が高い筋力も強く出る

筋トレで力が出やすいのは夕方~夜

筋肉に強い負荷をかけられ効果的

 

運動するとノルアドレナリンや成長ホルモンが分泌され、

その後、結構長い時間 脂肪の分解が進む

 

普段は、脂肪を使う割合は、全エネルギーの半分

朝1時間 運動すると脂肪を使う割合が80%に上昇

約6時間の効果が続く (284)

スポンサード リンク