コミュニケーションについて」カテゴリーアーカイブ

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●上司のヌーハラが原因で会社を辞めた部下がいる

麺類(ヌードル)をズルズルすする音で

周りを不快にさせるハラスメント

職場に外国人が増えたことで言われ始め、

最近では若者も音や香りに敏感になっている

会食でそば うどんを食べないなど会社の規定で細かく定める会社も

 

法律評論家:堀井亜生によると

●家のライフラインを使わせないモラハラ夫がいる

猛暑の中、夫がエアコンをつけさせてくれず、

一緒に暮らせないという妻が相談してきた

ほとんどが妻が専業主婦で「俺の稼いだ金のエアコンだから使うな」

他にも「俺の稼いだ金だから水は飲むな」

細かく電気を消さないと怒るなど

 

ハラスメント評論家:倉本祐子によると

●上司にパワハラをする部下がいる

上司が下した評価が気に入らず、上司のデマを流して陥れる

ハラスメントハラスメント(ハラハラ)と何でもハラスメントにする部下

 

消費者心理評論家:池内裕実によると

●他の客の行動について店員に詰め寄るカスハラ(カスタマーハラスメント)が増加中

カスハラとは、客による著しい迷惑行為

直接本人に言う勇気がないから目の前の店員にチクる

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●関西人だから面白いこと言えというカンハラが問題になっている

関西人だから仕切り好きだろと無理やり忘年会の幹事に

(21)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●会社のフロアでは温度設定をめぐり、エアハラが起こっている

外回りの営業職と内勤や男女間でエアコンの温度設定で対立する

 

法律評論家:堀井亜生によると

●夫にだけ安い食材を出すメシハラ妻がいる

夫の食事を子供と分けて作ったり、夫の食事だけ適当に作るなど

夫の食事に嫌がらせをすること

この食材差別は、相手の精神を病ませる

 

ハラスメント評論家:倉本祐子によると

●在宅期間中、ずっとカメラで監視するリモハラがある

ちょっと席を外したら「どこ行ってたんだよ」と

リモートワーク中に起こるハラスメント

他にも部屋の中をいじるリモハラも

 

消費者心理評論家:池内裕実によると

●高齢者や主婦がレジでグチグチ言うレジハラが増えている

主にレジで客が店員に嫌がらせする行為

「ポイントカードお持ちですか?」と言っても高齢者は何のことか分からない

デジタル化や情報化についていけない情報弱者がレジハラを起こしやすい

(5)

音表現評論家:ミテイラー千穂によると

●女性を口説く時は、ムーディーな音楽よりもアップテンポな曲を流した方が良い

 

アップテンポな曲で88ベシベル以上の

大きな音量の曲が流れると

注意力が散漫となり、興奮度も上昇する

 

普段落ち着いた場所では

強く感じるようなアルコール度数の

高いお酒も苦味を感じにくくなる

 

気付かないうちに女性は割と飲んでしまう

(23)

心理評論家:植木理恵による

●禁止実験の末に分かった人間の不思議

人間は放っておいたら何語を喋るのか?を昔から研究されてきた

犬は教えなくてもワンワンと鳴く、猫はニャーニャーと鳴く

ローマ帝国のフリードリヒ2世は、

人間は放っておいたら人間語は何を言うのか?を調べた

捨て子の乳児をたくさん集めて、養育環境を保ったうえで

言葉を教えない、コミュニケーションをとらないを続けたところ、

2年以内にすべての乳児が死亡した

 

人間は、コミュニケーションがないと命に関わることが判明した

人間は生後~2歳までのコミュニケーションやスキンシップが重要

(166)

心理評論家:植木理恵によると

●世代が違うとお互いにダサく見えてしまう

社会的に成功している人は、

違う世代をダサいと思っても取り入れる姿勢がある

 

経済評論家:門倉貴史によると

2019年に10代の女性8000人以上を対象に

胸キュンするシチュエーションランキングを調査

5位:頭突き

4位:顎クイ

3位:肩ズン

2位:床ドン

1位:あすなろ抱き

(39)

スポンサード リンク