成績」タグアーカイブ

脳科学評論家:澤口俊之によると

●ラッキーアイテムを身につけると運が良くなる

 

ゴルフパットの実験では、

通常のボールと伝える群とラッキーボールと伝える群で分ける

するとラッキーボールと言われた群の方が、

パット成功率がアップした

 

その後の研究で、ラッキーアイテムを渡した学生と

渡さなかった学生を比べてところ、

ラッキーアイテムを渡した学生の方が成績がアップした

(473)

スポンサード リンク

ホンマでっか!?TVで紹介

 

教育評論家:尾木ママによると

●家族団欒は子供の成績を上げる

 

アメリカで行われた大規模調査

家族と食事をしたり団欒する機会が多い子は、

学力、集中力、社会性が高いことが分かった

 

最も良い団欒数は、週4日以上

 

形式、秩序、予見性が定着し、子供に安心感を与える

 

家族団欒の定義は、親しい者同士が楽しい時間過ごすこと

(541)

分子技術評論家:山本尚によると

アメリカの小学校では、イスの代わりにバランスボールを使っている

 

落ち着きのない子供でも、バランスボールに座ると

静かになりかなり集中力が増す

 

それは不安定なバランスボールで景色が変わるため

 

体幹の強化はもちろん、勉強の成績アップにも効果がある

 

人間は10分~12分 ジッとしていると体がこわばる

体をほぐした方が集中しやすい

 

バランスボールを導入する州は、増えているという

(366)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

教育法方角評論家:藤村裕一によると

●最初から教科書を使って勉強すると成績が上がらない

 

算数の教科書には、問題、解き方、答えが載っている

それでは考えなくてもよくなってしまう

 

最近の学校では、教科書を閉じる、

もしくは机に教科書を閉まったまま、授業を始めるように

 

初めての問題でも考えて解く力が身につき、

変化の激しい時代にも対応する力が養われる

(229)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

アメリカ サイエンス・ディリーに掲載

●学校は週4日の方が、算数の成績が上がる

 

週5日を4日に変更するが、全体の授業数は変えない

 

1日に教えるのを増やして4日にしたところ、

算数の成績がアップし、他の科目は変わらなかった

 

算数は集中的に勉強すれば、

週3日休んでも忘れにくいことが分かった

 

しかし欧米で成功した教育法は、日本で成功するとは限らない

(209)

スポンサード リンク