血糖値」タグアーカイブ

骨格筋評論家:岡田隆によると

●血糖値をあまり上げずに甘みを得るには、サツマイモ

サツマイモはGI値が低く、

エネルギー源になりダイエット食品として最適

 

生物学評論家:池田清彦によると

同じ芋でもジャガイモはGI値が高い

 

●1日ビール500ml 1本は、ダイエット効果がある

ビールには、カルシウム、葉酸、ビタミンが含まれる

それらは代謝を活発にして循環器系を機能させる

これはスペインで約1250人を対象に調査した結果

(70)

スポンサード リンク

疲労評論家:梶本修身によると

●スーパーの食品の値段が上がると糖尿病が悪化する

アメリカの農務省の研究者が、

生活習慣病である2型糖尿病患者の空腹時血糖値と食品の市場価格の関係を調査

 

それによると食品の価格が上がると血糖値が上がるというデータがある

 

中でも赤身肉、野菜果物、低脂肪乳の価格が上がると

空腹時血糖値が上がることが分かった

 

1リットルの低脂肪乳が36円値上がりすると、

2か月後、3か月後、空腹時血糖値が6%も上がる

 

体に良い商品の価格が上がると、安い商品を買う

その結果、カロリーを多く摂取してしまい空腹時血糖値が上昇する

(48)

●甘い物ばかり食べている人は、老けて見える

糖尿病患者が老けて見えることから研究が始まった

血糖値が高い人は、約4歳 老けて見える

 

血糖値が高いと糖がタンパク質と結びつき、

AGE(終末糖化産物)を作り出す

AGEは、動脈硬化を引き起こす

糖分は、強い皮膚細胞を作ろうとする働きを妨害する

 

美肌評論家:森智恵子によると

●食前にギムネマを飲むと血糖値が上がりにくい

飲むと血糖値が急激に上がらず、老化防止に効果がある

 

肥満治療評論家:工藤孝文によると

食後に血糖値が急激に上昇すると、すい臓に負担がかかる

それを続けると、すい臓のインスリン分泌が低下する

将来的にはインスリン治療が必要となる

(233)

●疲れている時に甘い物を摂り過ぎると余計に疲れやすくなる

疲れていると甘い物が食べたくなる

少しなら効果あるが、摂り過ぎると血糖値が上昇し、

それを抑えるため、インスリンが分泌され、

甘い物を摂る前よりも血糖値が一気に下がる

食後体内で血糖値が上昇するスピードを測ったGI値が、なるべく低い方が良い

GI値が低い食品は、ナッツ類、牛乳、チーズなど

GI値が高い食品は、ご飯、パンなど

 

血糖値を上がったままにすると糖化し、動脈硬化の原因になる

 

骨格筋評論家:岡田隆によると

甘みは欲しいけど血糖値を上げたくない場合は、サツマイモをが良い

サツマイモはGI値が低くエネルギー源になりダイエット食品として最適

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●甘い物を摂り過ぎると うつ病のリスクが高まる

甘い物を摂りたいときは、コーヒーと一緒が良い

(163)

統合医療評論家:亀井眞樹によると

22時~翌2時のお肌のゴールデンタイムは、

朝方中心の平均的な人たちのライフスタイルから算出されたもの

 

現在は、少し考え方が変わり

●睡眠に入ってから3時間が美肌には重要

 

●成長ホルモンの分泌をを促すには

1、入眠後3時間の血糖値を低くするために

→夕食後時間を置いて睡眠すること

 

2、筋トレ→足などの大きな筋肉の筋トレが効果的

筋肉の修復のために西洋ホルモンの分泌が促される

 

3、アルギニンを摂取→かつお節、高野豆腐など

(302)

スポンサード リンク