Category Archives: 女性・母親について

●脚が短い女性は男性にモテる

 

イギリスのウエストミンスター大学の調査によると

脚が長い女性と脚と胴体が同程度の女性を比べた結果、

男性は脚と胴体が同程度の女性を好むことが分かった

 

●脚が長すぎる女性はモテない

男性は子供を産むなどの不利を

本能的に嗅ぎ分けているのかもしれない

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●男性が好む黄金比率は、下半身:上半身=1:0.62

下半身は、へそから下で計測 (144)

スポンサード リンク

認知科学評論家:中野信子によると

女性は男性の2/3しか幸せホルモンのセロトニンが合成できない

セロトニンは、甘い物を食べると増える

●セロトニンを合成できない女性は、甘い物を食べる

 

女性が甘い物を食べるのは、お腹を一杯にしたいわけでなく、

セロトニンを一杯にしたいから

 

●妻が甘い物をいっぱい食べ始めたら幸せではない証拠 (242)

心理評論家:植木理恵によると

●女性は貢献感によって幸福を得ている

 

君がいて助かった、君がいないと困るなど、

場に貢献している感覚を与えると女性は満足し、

幸せな気持ちになる

 

貢献感情を与えさえすれば、割と女性は何でもする

 

女性が子供の頃に嫌だった記憶の中で

貢献感をつぶされるような発言が最も多い (933)

生物学評論家:池田清彦によると

●30代で出産した方が、20代で出産するより長生きする

昔から高齢出産は具合悪いと言われてきたが、そうではない

30代は、女性が様々な経験を積み、最も安定しており

子育てやストレスなどにも順応するからではないか、と考えられる

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●寿命だけでなく子供の知能が高くなる

高齢出産のイメージはよくないが、

30代後半~40代で出産する方が、

頭が良い子供が生まれる可能性が高い研究データがある

●父親が50代で産まれた子供は、知能が高い

 

美肌研究家:森智恵子によると

●女性の体は精子を無意識のうちに選択している

女性は、心とは別に無意識に精子を選択し、受け入れない場合がある

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●精子は協力し合って受精を目指していることが分かった (506)

肥満治療評論家:工藤孝文によると

●女性の舌裏を見ると女性ホルモンの乱れが分かる

女性ホルモンが乱れると淤血(血が滞る)状態になる

肩こり、目の下のクマやシミが出て、

舌裏の血管が黒く張る

体を温めて血流を改善させることが大切

ネギやリンゴなど体を温める食べ物を食べるとよい

 

腸内環境評論家:小林暁子によると

●腸が原因で、むくみが起こる

ストレスなどで腸内環境が悪化し、体がむくみやすくなる

むくみを改善するには、食物繊維や発酵食品を摂取し、

腸内環境を整えることが大切 (970)

スポンサード リンク