女性・母親について」カテゴリーアーカイブ

心理評論家:植木理恵によると

穏やかな人が年を重ねるとどんどん穏やかさが増す

●50代から元来の気質がはっきり表れる

先鋭化という

怒りっぽい人は、怒りっぽさがすごく出る

50代から性格の先鋭化が始まり、元来の気質がはっきり表れる

将来際立ってきそうな性格を考えながらパートナーを選んだほうが良い

 

●能力があって美しいアラフィフ女性は、ヨーロッパの若い男性から圧倒的にモテる、ことが分かっている

これはイタリアとフランスの研究

色々な年齢層の日本人女性の写真を男性に見せた結果

日本人男性は年齢が若く、年収や能力が自分より低い女性を選ぶ

欧州の男性は自己成長するため背伸びしてでも尊敬できる年上女性を選ぶ

日本人男性は自己肯定感が低いため、自我を脅かす強い女性が苦手

(34)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●50代女性のお金の使い道 1位:食費、2位:貯蓄

お酒を飲む50代女性が1番多い

●女性は40~50代でお酒を1番飲む

代謝が低下しているのに飲酒量が増加するためアルコールによる病気に注意しなくてはいけない

 

もう50か、まだ50と思う50代女性の肌年齢を比べてみたところ

7.1歳も違いがあった

●まだ50代と思うと肌年齢が7.1歳若い

まだ50代と思う女性は4人に1人いたが、肌年齢が実年齢より圧倒的に若かった

もう50代と思う女性は、肌年齢と実年齢がほぼ同じだった

 

生物学評論家:池田清彦によると

●嫌なことがないと楽しいことが分からなくなる

同じことをずっとしていると落差がなく、落ち込みやすい

嫌だと思うことでもそれが変化を生み出す

同じ環境が続くと変化がなく楽しくない

(14)

生物学評論家:池田清彦によると

アラフィフになって最初に衰える脳の部位が、前頭葉

脳の前頭葉が衰え始めると感情のコントロール能力が落ちる

怒りっぽくなったり、涙もろくなったり、羞恥心が無くなったり

 

心理評論家:植木理恵によると

女性の羞恥心は、おばあちゃんになっても変わらない

年を重ねると何が恥ずかしくて恥ずかしくないか区別がつくようになる

●アラフィフになると恥の区別がつくようになる

自分の行動が周囲から見て恥ずかしいか恥ずかしくないか区別ができ始める

 

心理学で

●40代は人生の正午、50代は人生の黄昏という

黄昏は、夕方の薄暗い時でまだ明るいが、何かを始めるには少しくらい

まだ何でもできるが、新しいことをするには腰が重い

(13)

心理評論家:植木理恵によると

人間は一生発達する

50代あたりで情緒が豊かになる

●アラフィフ女性が涙もろいのは、50代くらいに情緒が成熟するから

アラフィフになっても感情が豊かになれない人は、

若い頃、苦労や努力をしていない

美しいものに自分の頑張ってきた過去を投影し、涙が湧いてくる

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

泣きたくなるというのは、行動経済学的にエンパスと呼ばれている

自分の経験に照らして感情移入がしやすくなり、共感力が強くなる

良い意味では、丸くなる

悪い意味では衝動買いが増える

●アラフィフになると衝動買いが増える

(9)

生物学評論家:池田清彦によると

●アラフィフ女性が涙もろくなるのは、女性ホルモンが減るから

女性ホルモンのひとつエストロゲンは、

幸せホルモン セロトニンをコントロールしている

女性ホルモン エストロゲンが減少すると

セロトニンが不足し、情緒が不安定になってしまう

 

女性が更年期に入るとエストロゲンが減少するだけでなく、

上がったり下がったり起伏が激しくなる

エストロゲンが少ないと脳が指令し、

卵巣がエストロゲンを出そうと頑張るため、

振れ幅が大きくなり情緒が不安定になる

40~50の頭くらいまでは不安定

(16)

スポンサード リンク